■2008/09/15

  評議員会開く……大会議案討議

 9月2日、けんせつプラザにて、東京地評は評議員会を開催しました。冒頭挨拶にたった堤敬議長は「福田首相は政権を投げ出し自公政治の行き詰まりが象徴的に現れた。衆議院の解散を求める」と述べました。

 また物価が2・4%上昇し08春闘の賃上げ分は崩されているとし、11月13日の霞ヶ関大行動と09春闘の重要性を指摘しました。高畠素昭事務局長より選挙管理委員会の設置と役員定数案の提案、大会運動方針案の説明が行われ、討論の後、全議案が採択されました。