■2006/07/15

   最賃の引き上げの声を
       中央・地方の審議会に


飯田橋などの駅頭で早朝宣伝も
 いよいよ、中央最低賃金審議会(中賃)から、今年度の最低賃金改定の「目安」が7月26日に答申されます。

 今年はどうしても大幅な最低賃金の引き上げを実現したい。6月23日の第2次最賃デーは、この思いで厚労省前の行動が盛り上がりを見せました。
 審議を重ねている中賃に対して意見の集中が求められています。「せめて1000円」の声を直接審議会に届けましょう。

 中賃の「目安」答申を受けて、8月8日には、東京地方最低賃金審議会(地賃)が、東京都最低賃金の改定額を答申します。東京春闘共闘会議は、8月7日(月)の専門委員会に向けて東京労働局前の座り込みを実施します。「一ケタの改定ではなく大幅な改定を」強く要求します。地賃に対しても意見を集中しましょう。

 中賃メールアドレス saichin@mhlw.go.jp
 地賃FAX 03−3814−5371