東京医療関連協サタデーアピール

医療職の大幅増員求め
白衣で署名宣伝行動

上野・不忍口交差点(1/27)

 東京医療関連労働組合協議会(略称「東京医療関連協」。都庁職病院支部、衛生局支部、東京自治労連、東京医労連などで構成)は、毎月、第四土曜日午後にサタデーアピール宣伝行動を行っています。17年度からは場所をこれまでの新宿駅から京成電鉄上野駅正面口付近に変更して、「医師・看護師・介護職員等の大幅増員、夜勤労働の改善」などを求めて、白衣での署名宣伝行動を続けています。

 1月27日は、他団体が宣伝をしていたため、不忍口交差点へ移動して2時から15人で宣伝行動を行いました。「安全・安心の医療・介護と夜勤交替制労働の改善を求める国会請願署名」と「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」、「都立病院の独立行政法人化をやめ直営堅持を求める署名」の3種の署名を訴えました。「スタッフ足りてません」ゲートフラッグや「署名にご協力下さい」のぼり旗などをかかげ、周囲の注目を集める中、ハンドマイクで、看護・介護現場の厳しい実態や「患者さん・利用者さんに寄り添う看護・介護をしたい、そのためにも増員が必要です」と訴えました。一時間の行動で、増員・夜勤改善署名41筆、3000万署名13筆、都立病院署名10筆の計64筆寄せられました。「本当に大変ですよね。頑張って下さい」、「(家族が介護で働いていて)本当に大変そう。いつか身体を壊すのではないかと心配。増員は大切ですよね」など、たくさん声をかけてもらえました。


2・3東京教育集会2018

子どもたちに平和と民主主義の社会を

発明会館ホール(2/3)

 2月3日、「憲法を生かし、子どもたちに平和と民主主義の社会をとりもどそう!」をテーマに、「2・3東京教育集会2018」がおこなわれました。
 オープニングでは東京朝鮮中高級学校舞踊部の皆さんによる朝鮮舞踊と朝鮮学校の授業料無償化の訴えがあり、会場が大きな拍手に包まれてのスタートでした。
 村田智子実行委員長のあいさつにつづき、ミニ学習タイムとして、「どうなる?家庭教育支援法案」「東京の『教育改革』とこれからの教育」「教育費の無償化をすすめるために」「どうなる?小学校からの英語」のそれぞれについて報告がありました。その後、「日の丸・君が代」裁判、教職員の「働き方改革」のとりくみ、夜間定時制高校を守るとりくみ、学力テスト体制と不登校問題、障害児教育の充実をめざすとりくみ、「道徳」の教科書採択へのとりくみについてのリレートークがおこなわれました。
 最後に、集会アピールを満場の拍手で採択し、集会をまとめました。
 参加者からは、「教職員の多忙を解消するには、文科省や都教委の『改革』ではなく、教員を増やし、少人数学級をすすめることが重要だと感じた」「学校・教職員が、人事考課制度で縛られていることがよくわかった」「不登校の増加、はたして今の学校が、子どもたちにとって楽しい場所なのだろうか」などの感想が聞かれました。


改憲反対3000万署名宣伝

東京1区市民連合が統一行動


神保町交差点(1/23)

 1月23日夕、千代田区の神保町交差点で「安倍改憲反対3000万署名」宣伝が取り組まれ、41人が参加しました。これは、超党派の千代田区議による「戦争させない千代田の会」の第30次行動で、東京1区市民連合の統一行動としても位置づけられたものです。
 東京1区市民連合は、先の総選挙で市民と野党共闘候補として、立憲民主党の海江田万里さんを擁立し勝利しました。現職の自民党議員を破っての当選は、大きな意味を持っています。
 選挙後、市民連合として毎月、統一した宣伝行動を行うなどを決め、この行動はその一環として取り組んだもの。この宣伝行動には千代田区内の学生も参加し、「9条改憲反対」「平和を守ろう」など道行く人々に訴えました。

 

 

 

 



改憲NO!3000万署名

蒲田駅で署名行動
オール大田区民アクション


蒲田駅西口(1/28)

 「安倍9条改憲NO!3000万署名」を成功させようと、1月18日に結成されたオール大田区民アクションが、1月28日、蒲田駅西口で第一回署名宣伝行動を行ないました。
 新日本婦人の会、労働組合、新社会党、立憲民主党、共産党など諸団体から90人が参加し、西口が一気に賑やかになりました。リレートークで署名を呼びかけ、一時間の宣伝で138筆が集まりました。
 署名に応じた方の中には、子連れの夫婦やお母さん、韓国や中国人男性の姿も。「9条素晴らしい、変えるものじゃないんだ」「小学二年生で戦争を体験した。戦争は嫌だ」「平和な日本が好き。これからも平和な日本に住み続けたい」という声が寄せられました。「安倍総理に腹が立つ」という人は署名用紙を持ち帰ってくれました。安倍改憲阻止へ、担い手が広がる署名行動になりました。





文京春闘共闘が宣伝


後楽園駅前(1/25)

 文京春闘は、1月25日夕方、後楽園駅前で、公契約条例制定と非正規労働者に組合加入を呼びかける宣伝行動を行い11名が参加しました。
 これまで春闘時、昼休み宣伝として、CU文京の加入を呼びかけていましたが、今後は公契約の問題をあわせてアピールしようと取り組みました。同じ場所で全印総連の合同支部と一緒になり合同の宣伝行動となりました。土建支部、全印総連、CU文京、文京春闘の代表がそれぞれの立場から労働組合の大切さと加入の必要性を訴えました。