11・3国会包囲行動に4万人参加

参加者でびっしり(国会図書館前)

 安倍政権による9条改憲を阻止しようと、11月3日、国会周辺で大包囲行動が行われ、四万人が集まりました。4野党の党首らをはじめ、様々な分野の人が「国会内外が力を合わせ、改憲発議そのものを阻止しよう」と訴え、改憲に反対する国民の意思を示す行動となりました。

 国会周辺の大行動は、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」と総がかり行動実行委員会の共催で行われました。全国各地から集まった人びとで歩道や憲政記念館周辺や国会前庭園はあふれかえりました。子どもを連れた人や青年も参加し、「9条改憲NO!」「憲法守り生かせ」などが書かれたプラカードを掲げ、安倍政権のもとでの9条改憲を阻止しようとアピールしました。
 主催者あいさつした、全国市民アクション運営委員の高田健氏は、総選挙について市民と野党の共闘への分断がありながらも、これまでの共同の積み重ねから新しい勢力が生まれるなど、「大きな可能性をもった選挙」と指摘。「改憲勢力が三分の二を占めたが、野党と市民の結束は大きく発展した。改憲発議を阻止するたたかいをしよう」と訴えました。
 4野党の党首の他に、国内外から、さまざまな人がスピーチしました。韓国で朴槿恵(パク クネ)政権を退陣に追い込む市民運動にかかわった、金泳鎬(キム ヨンホ)氏は「日本国憲法9条は、アジアの平和の宝です。戦後の平和体制の柱です」と訴えました。
 ピースボート共同代表の川崎哲氏は、「日本政府が核兵器禁止条約に参加せず、憲法9条を変えようとしていることは戦後の誓いに逆行している」とのべました。
 松森陽一東京地評事務局長も国会図書館前ステージで連帯スピーチを行い、「四万人の参加者から勇気をもらった思いだ。地評は一〇〇万人分の署名をなんとしても集めて、全国の仲間としっかりスクラムを組んで改憲阻止を闘い抜く」と決意を表明しました。
 9条改憲を通じて、様々な形で自由や権利が制限される危険性があります。軍拡への歯止めが利かず、暮らしも苦しくなります。平和で自由なくらしのために、改憲を阻止し、憲法が息づく社会を守りましょう。

「働き方改革」阻止
憲法9条と雇用を守れ
11・8中央行動に3500人

 「憲法9条守れ」「労働法制の大改悪反対」「賃金底上げで景気回復」をかかげた全労連、国民春闘共闘等による秋闘要求実現11・8中央行動は、全国から三五〇〇人の労働者が参加し、国会議員や省庁要請、総決起集会・請願デモと終日取り組みました。
 日比谷野外音楽堂での総決起集会であいさつした国民春闘共闘の小田川義和代表幹事は、安倍政権を批判し、9条改憲に反対する「三〇〇〇万人署名」の取り組みを強化し、「働き方改革」関連法案に職場から反対運動を起こし、賃金引き上げを求める世論を広げようと力を込めました。
 決意表明した建交労東京都本部の笹原和樹さんは、長時間労働がまん延する建設現場の実態を告発し「『働き方改革』というなら、工期や予算を適正化させる仕組みこそ実現すべきだ」と述べました。

職場を変えよう
青年大宣伝行動で訴え

働き方シールアンケートには44人が回答(左)

 11月5日、新宿駅西口にて青年大宣伝行動を実施し、21組織から100人が参加しました。
 各青年部・組織からのリレートークをメインに、働き方シールアンケート、労働相談、チラシ配布、署名行動を実施。生活できる賃金への引き上げと長時間労働の是正を要求テーマに、労働組合に入って一緒に職場を変えていこうと訴えました。
 アンケートでは、月の給料、残業時間、休日を調査。給料は手取り20〜27万未満、残業は20〜40時間、休日は6〜8日が最多でしたが、80時間以上の残業をしている人、0〜2日しか休んでいない人が複数人いるなど、未組織労働者の組織化の重要性を再確認できました。
 宣伝後は交流も行いつながりを深めました。主催はACTIVE UNION in東京実行委。

850人が参加
はたらく女性の中央集会

 はたらく女性の中央集会・全体会が、10月14日に銀座ブロッサムで、分科会が、翌15日に全労連会館等で開かれ、のべ850人が参加。
 全体会では、香山リカさん(精神科医)が、「生きづらい社会を変える処方箋〜いのち・平和・人権〜」をテーマに記念講演。「女性的なセンスが生活や政治に求められている。少数派でないことに確信を持ち、声を上げていこう」と訴えました。
 分科会では、教育・年金・ハラスメント・人権・健康・働き方などテーマ別に、学び・交流しました。東京実行委員会は、「ハラスメント」の分科会と二つの見学分科会を担当し奮闘しました。
 「頑張って声を上げることが大切」「組合の大切さを実感」「仲間にあえて勇気をもらえた」等の感想がありました。