共同の30周年を祝う

東部共同行動実行委員会が周年行事

「東部共同行動を支えた枠組みとこれからも生きる
共同の意義」をテーマに講演する永山利和氏(7/22)

 東部共同行動実行委員会が、業者と労働者の異なる階層との共同を続けてきて30年。この程、30周年を祝う周年行事に各界から100人の方々が集まり、盛況に行なわれました。この共同の基軸に「全国一律最賃制の法制化」を求めることにあったことが、継続して行なえたことと共通の認識です。

 7月22日に台東区民会館で東部共同・30周年のつどいが行なわれました。
 運動を中心に担ってきた葛飾区労連の菅野勝祐事務局長が、「30年の歴史と今日的役割」と題しての報告。運動の基軸に全国一律最賃制を据えたこと、小零細実態調査を根底にした運動と、消費税やめろの「雷大行進」、さらには、国民生活の最底辺を引き上げる運動を続ける中で、この課題はさらに切実になっていることが強調されました。
 永山利和氏(元日大教授)が記念講演を行ないました。永山氏からは、世田谷区の公契約条例の制定に関わったことで、区で働く非常勤職員の給与が改善されたなど波及効果が思わぬ形で現れたことや、地域経済効果の関連からも中小企業への支援策とからめて、全国一律最賃制法制化の重要がここでも話されました。
 その後の交流では、足立の業者の方から、零細業者の厳しい実態を紹介しながら、「労働者の方と一緒に運動が出来て誇りに思う」、小零細訪問調査や商店街調査の経験も語られました。
 「公契約は賃金の底上げに期待される」、「中小企業への支援策と全国一律最賃制を一体のものに」など、下町の東部地域から、東京へ、全国に広げようと大いに盛り上がりました。

核なき世界への思いをのせて
反核トラックキャラバン開催

 東京から広島へ

出発集会後に全員集合!いざ川崎へむけてGO!

 「核なき世界」を実現したい。この思いを胸に毎年開催している建交労全国青年部主催「反核トラックキャラバン」は、今年で22年目を迎えます。世界が初めて、核兵器の使用や保有を法で禁ずる事に踏み出した核兵器禁止条約の国連採択を受け、思いは一際高まります。7月30日(日)朝8時、出発式が行われた東京都庁前には、雨の中40人の仲間が集いました。
 全労連青年部、東京地評青年協、日本原水協などから来賓挨拶を受け、全教、全印総連等の友好団体の皆さんと共に、条約に批准しない日本政府への怒りを共有しました。
 出発式の中では、たくさんの失われた命と被爆者の「二度と広島、長崎の悲劇を繰り返させない」という思いを指先に込め折られた、たくさんの美しい折り鶴が、ドライバーに託されました。
 東京都庁前を出発後、川崎市役所前に立ち寄り、生協労連の皆さんと共に宣伝行動を行い、道行く人に核廃絶国際署名への賛同を呼び掛けました。核なき世界への思いをのせて、トラックは名古屋、京都、大阪、四国とリレーし、6日間かけて広島までつなぎます。 【建交労東京青年部 事務局長 上村 誠】

改憲不要!
今すぐ大学の学費無償化を


のぼりを作って宣伝

 東京私大教連では毎年、私立大学生の教育費負担の軽減と私大助成(国庫補助)の増額を求める国会請願署名運動に取り組んでいます。また、新入生家庭の家計負担調査も実施し、今年で34年目になります。
 こうした私たちの運動は、私立大学に対する学費減免補助の実現や給付型奨学金制度の創設といった成果に結実してきましたが、近年では安倍政権による官邸主導での攻撃で、私大経常費に対する補助割合は過去最低の9・9%にまで低下し、学生・家庭の学費負担は限界です。
 今年の私大助成署名運動は、「首都圏10万筆署名の回復」をめざして取り組んでいます。「改憲不要!今すぐ大学の学費無償化を」というのぼりも作りました。6月には初めて東京都に対する要請にも取り組み始めました。私大生の学費負担軽減は、高等教育を受ける権利の保障や貧困と格差を解決していく上でも必要不可欠な国民的課題です。署名は秋の臨時国会に提出します。

横田座り込み・行進100回目


          女性センターもアピール(7/16)

 7月16日、福生市・フレンドシップパークで、「横田基地の撤去」を掲げた座り込み・アピール行進が行われました。100回目を迎えたこの日は、500人が参加。全労協、新婦人東京、地評女性センターなどが、基地の撤去と騒音の被害や危険性を訴えました。
 呼びかけ団体の「横田基地の撤去を求める西多摩の会」代表の高橋美枝子氏が、「横田基地のリアル」と題して報告。パラシュート降下訓練が頻繁に行われている様子や、オスプレイの離着陸が100回を超え、米軍機の拠点として、基地が強化されていると説明しました。
 座り込み後、基地の再編強化を許さず、基地撤去にむけて、粘り強く闘おうと、横断幕やプラカードを持って行進し、アピールしました。



千代田平和集会


          講演する海渡弁護士(7/27)

 7月27日、第26回千代田平和集会が、区内・カスケードホールで開かれ120人が参加しました。
 今年は、戦争法と共謀罪反対の先頭に立ってたたかってこられた弁護士の海渡雄一さんに講演していただきました。海渡弁護士は強行成立された法律の中身に触れながら、「戦前の治安維持法と同じであり、これを発動させてはらならない」と強調しました。
 共謀罪だけでなく、秘密保護法と安保法制(戦争法)も戦争に直結するものであり、廃止させるための政府をつくる必要性を訴えました。今年は久しぶりに学生も参加し、三つの法律の廃止に向けて、運動を強めようと確認し合いました。