第87回中央メーデー
3万人超が参加 デモ行進

  「戦争法廃止、STОP!安倍暴走政治」などを掲げた第八七回中央メーデーは、五月一日、汗ばむ陽気のもと代々木公園で開催され、三万人超が参加しました。式典は、小田川義和代表委員(全労連議長)の主催者あいさつ、連帯・激励あいさつの後、東京土建、全教青年部、自交総連、出版労連の四団体が決意表明。スローガン・メーデー宣言を採択し、式典終了後、都内三コースに分かれてデモ行進を行いました。
 今年は、労戦再編後はじめて、日比谷メーデー実行委員会の全労協・中岡基明事務局長から連帯あいさつを受けました。戦争法廃止、労働法制改悪阻止など、一点共闘の積み重ねが実り、新たな歴史の一ページが開いたといえます。参加者は、戦争する国、企業が世界で一番活動しやすい国への道を拒否し、人間らしく働き暮らせる平和な社会の実現、そして安倍政権の退陣にむけて職場や地域から奮闘することを再確認しました。

なくせ貧困と格差、消費税10%の中止、被災者本位の復興、原発ゼロなどを掲げ


藤田克彦さん 近藤さん一家 藤川里恵さん 杉山文一さん 森安秀行さん
JMIU大東工業支部 あかつき印刷労組 首都圏青年ユニオン 年金者組合都本部 大学生協
東京地区統一労組
 税金等が上がると、せっかく春闘で賃上げしてもプラスになった感じがしません。増税、保険料等の引上げストップを!  日本を、殺し、殺される国にはしたくないです。未来を生きる子どもたちのためにも戦争法廃止の声をあげていきたいと思います。  今年は最賃1500円を掲げるエキタスの仲間と参加しました。戦争法廃止と社会保障拡充を車の両輪に安倍さんを倒していきたいと思います。  今年は安倍さんに辞めてもらうため多くの仲間が集まりました。年金の株運用での損失と額の削減、絶対に許せません。年金裁判にもご協力を。  叔父は戦争に行き、母は疎開を経験。子どもは大学生になり、戦争は許しちゃいけないとの思いを新たにしています。戦争法は必ず廃止!


2000万署名を6月いっぱいまで継続を
5・3憲法集会に5万人


改憲許すな、戦争法廃止へ!
 5月3日、憲法集会が有明防災公園で開かれました。昨年に続く『総がかり』での統一集会で、5万人が集まり、「安倍政権はただちに退陣」「戦争法はいますぐ廃止」とコールを響かせました。五人のゲストがスピーチし、「市民の後押しで野党共闘がすすむ参院選で勝利を(山口二郎氏)」と、参院選まで二ヶ月となるなか、市民・国民との共同で政治変革を実現しようと訴えました。
 「戦争をさせない1000人委員会」の福山真劫さんが、戦争法廃止2000万署名が1200万人を突破したことを報告し、6月いっぱい署名を続けることを提起。また、六月五日に「政治をかえる 全国総がかり大行動」を大成功させようと呼びかけました。集会後、デモ行進しました。





課題別に決意
三多摩メーデー


若者たちが「賃金上げろ」とアピール
 2年ぶりに井の頭公園西園に戻って開催された三多摩メーデー。初夏を思わせる5月1日、4500人を超える仲間が集まりました。冒頭、菅原一茂実行委員長が「戦争法廃止二千万署名をやりきって安倍政権を退陣させよう」と訴えました。
 舞台では「アスベスト被害の救済」「憲法・教育」「横田へのオスプレイ配備阻止」「原発ゼロへ」「障害者の願い」「青年の舞台」の課題別テーマで決意表明が続きました。集会終了後、全員が舞台を通って隊列とデコレーションを紹介しながら、デモ行進に出発。連休で賑わう吉祥寺の街に私たちの要求を響きわたらせました。
 参加者からは「やはり井の頭公園が賑やかでいい」「課題別アピールが今年は特に良かった」等の声が寄せられました。