●新加盟● 東京地区大学教職員組合協議会

あいさつをする
水谷孝男副議長
   加盟のご支持ありがとうございました。都大教は、国公立大学の集まりです。法人化を受けて、公務員から独立行政法人になりました。東京国公を通じて加盟していましたが、教職員組合との関係を密にしたいと思い直接加盟を決意しました。
  独立行政法人の役割なども考えていきたいと思います。宜しくお願いします。










特別決議 戦争法廃止に全力をあげよう

 東京地評定期大会は、「大会宣言」「特別決議・戦争法の強行に断固抗議し、廃止にむけ全力をあげよう」「すべての争議の早期勝利解決をめざす決議」を満場の拍手で採択しました。特別決議を紹介します。
戦争法の強行に断固抗議し、
廃止にむけ全力をあげよう
  安倍政権は、戦後70年の節目の今年、今国会最大の焦点だった戦争法(安全保障関連法)を、憲法学者の大多数や最高裁元長官、内閣法制局元長官らが憲法違反と断じる中、国民大多数の反対を押し切って、九月一九日未明、参議院で強行採決、成立させた。戦争法は、集団的自衛権の行使は「憲法を改正しなければできない」と明言してきた歴代内閣の憲法解釈を覆し、交戦権を否定する憲法9条を空文化し、「戦争ができない国」を「できる国」にする、日本という国のあり方を根本から変える違憲立法である。強行採決に断固として抗議する。
  戦争法には、地球規模での後方支援と称する軍事行動や外国軍への武器弾薬の提供、国会の承認なしに米軍を守る武器等防護などが盛り込まれている。その一つ一つが戦後の安全保障政策の重大な変更となっている。なぜ、集団的自衛権を行使できるようにしなければ国民の生命や財産を守ることができないのか。この根本的な問いに対する安倍首相の答弁は、四カ月近い国会審議の過程で破綻した。それでも政権は、法成立にひた走った。
  しかし皮肉にも憲法をないがしろにする安倍政権によって、権力を憲法で縛る立憲主義の意義が国民の間に広がり、安倍首相が「私の歴史的使命」としている「憲法改正」の野望が遠のく結果となった。法律が成立したとはいえ、違憲であることに違いはなく、憲法学者や弁護士の有志が違憲訴訟の準備を開始している。
  国会周辺には連日、数万から十数万人もの国民が押し寄せ、全国各地でも、無数の集会やデモ、宣伝行動が展開され、与党の中にも焦りと動揺が広がった。今回、闘いの流れが女性と若者で大きく変わった。子育て世代のママの会が各地にでき、シールズが呼びかける集会やデモに大学生、高校生も含むたくさんの若者が集まった。オールズやミドルズも負けてはいない。今回の共同の広がり、闘いの広がりは、この法律に基づいて実際に海外派兵を決定する際の大きなハードルになることは間違いない。NHKはじめ一部のマスコミは、この大きな変化を、終始、無視ないし矮小化し権力に迎合する報道を続け、ジャーナリズムとしての資格が根本から問われている。
  戦争法に対する闘いは、今新たに始まった。次の国政選挙では、戦争法の廃止を最大の争点として、野党の共同が求められている。国会前で、各地の街頭で、ネット上で、「(戦争法に)賛成の議員を落選させよう」という一つの合言葉が野火のように広がっている。東京地評は、安倍内閣打倒、戦争法廃止に向けて、あらゆる闘いに全力を挙げることをすべての加盟組合・組合員と友誼組合等に呼び掛けるとともに、総がかり行動実行委員会を始め、国民的な共同のさらなる発展のために、奮闘する決意をここに表明する。

大会での争議団紹介

労働者の権利擁護のために総力をあげて奮闘しよう。
すべての争議の早期全面解決を勝ちとるためにご支援を!!

 大会で紹介した争議団、争議組合など、たたかう仲間を紹介します。勝利に向けて支援をお願いします。
(17団体)
◇   ◇
JMIU日本アイビーエム支部(不当解雇・賃金減額)、JMIUオリエンタルモーター支部(組合潰し)、JMIUいすゞ自動車支部(不当解雇)、JMIUニッカン工業支部(不当解雇)、JMIU日本ロール製造支部(不誠実団交)、全国一般・連帯白梅分会(不当解雇)、全国一般・昭和ゴム労組(悪徳ファンドAPFとの闘い)、建交労・京王新労組(組合敵視・組合差別)、建交労・ダイワードユニオン分会(賃金・退職金の大幅カット)、東京私教連・鶴川高校教職員組合(組合差別)、都立職業訓練校CAD委託不当解雇撤回争議団(組合委員長不当解雇)、全印総連・DNPファイン解雇・偽装請負争議(偽装請負・不当解雇)、JAL不当解雇撤回争議団(不当解雇)、日東航空整備争議団(不当解雇)、全国じん肺原告団・弁護団(労災職業病救済)、明乳争議団(長期不当労働行為)、新国立劇場合唱団員争議(不当解雇)

一緒に頑張ります

 新事務局長 松森陽一

  東京土建の出身です。北海道函館生まれ。妻と二人暮らし、趣味は家庭菜園とそれを食材とした料理、愛犬の散歩も楽しみ。
  現在は、井手口前事務局長から指導を受けて、努力中です。
  戦争法強行採決、労働者派遣法改悪も強行、両法を実施させない闘い、労働法制の連続改悪の動き、消費税増税や社会保障改悪など、今や安倍政権の打倒以外に最終解決はつきません。
  参院選挙にむけて、国民的な共同を更に強大に広げ、「オールジャパン」の闘いを作り出すため、五十万人の東京地評実現に向けて前進をはかるときです、ご一緒に頑張ってまいりましょう。

新役員紹介 (五十音順・敬称略)

【議長】森田稔(再・東京自治労連)
【副議長】青山光(再・東京医労連)、井手口行夫(新・東京土建)、植松隆行(再・東京国公)、荻原淳(再・東京自治労連)、川口英晴(新・JMIU東京)、工藤芳弘(再・都教組)、佐藤直哉(再・東京靴工組合)、佐藤洋子(新・新宿区労連・女性センター)、白滝誠(再・東京土建)、嘉田一忠(再・三多摩ブロック)、中村和良(再・東部ブロック)、平川修一(再・出版労連東京)
【事務局長】松森陽一(新・東京土建)
【事務局次長】屋代眞(新・新宿区労連)
【幹事】青山永(再・建交労東京)、阿久津光(再・事務局)、板原毅(再・都障教組)、植草克巳(再・金融労連東京)、小倉一男(再・CU東京)、加藤孝(再・電機・情報ユニオン東京)、金坂英次(再・生協労連東京)、喜入肇(再・東京自治労連)、菊池光男(再・事務局)、久保桂子(再・事務局)、熊田裕美(新・西部ブロック)、國米秀明(再・福祉保育労東京)、小林昇(新・中部ブロック)、坂ノ下征稔(再・三多摩ブロック)、柴田和啓(再・建交労東京)、杉本好造(再・民放労連関東)、高久信行(再・化学一般全関東)、高橋孝(新・南部ブロック)、高松栄次郎(再・東京医労連)、田中孝史(再・郵政ユニオン東京)、田村光龍(再・全印総連東京)、年森隆広(新・東京土建)、中澤和夫(再・国労東京)、西沢純一(再・新聞労連東京)、早川勝輔(再・年金者組合東京)、原田義晴(新・東京国公)、平間輝雄(再・都教組)、益子茂(新・北部ブロック)、増田啓介(新・東京私教連)、三浦久美子(再・首都大労組)、宮下武美(新・東部ブロック)、宮本修二(再・JMIU東京)、森治美(再・全労連・全国一般東京)、山賀徹(再・東京私大教連)、山田真吾(再・首都圏青年ユニオン)、吉田善二(新・建設関連労連)
【会計監査】菅沼慎也(再・全印総連東京)、中島純一(再・金融労連東京)、伏木野英雄(新・東京国公)

来賓一覧
来賓のみなさん、メッセージをお寄せいただいたみなさん、ありがとうございました。

【来賓】(紹介順・敬称略)
全国労働組合総連合事務局長・井上久様、東京都産業労働局雇用就業部長・矢田部裕文様、同労働環境課長・寺澤英之様、同労働相談調整係・松世大志様、自由法曹団東京支部幹事長・弁護士金井克仁様、中央労金東京都本部本部長・池谷匠様、同営業統括部次長・吉永圭吾様、全労済東京都本部本部長・高須則幸様、同組織法人部次長・有馬龍治様、日本共産党参議院議員・田村智子様、同都議会議員・河野ゆりえ様(元議長・副議長・敬称略)
城田尚彦、中山伸、伊藤潤一、高畠素昭

退任役員紹介(五十音順・敬称略)

【副議長】小山内文春(JMIU東京)、木原秀子(都教組・女性センター)、松本秀典(東京土建)【事務局次長】寺下章夫(全労連・全国一般東京)【幹事】池田澄夫(通信労組東京)、梅澤哲也(東京私教連)、香取義和(中部ブロック)、佐藤公一(北部ブロック)、寺田末美(南部ブロック)、中村元(東部ブロック)、野仲徹(東京国公)、保科博一(西部ブロック)【会計監査】鈴木賢一(東京国公)
  ●皆さんますますのご活躍を。おつかれさまでした。