国会大行動に12万人

国会包囲に12万人が参加し、正門前の車道をうめつくす人びと(8/30)

違憲の戦争法案の廃案と安倍政権の退陣を迫る、「国会10万人大行動」(総がかり行動実行委員会)が、30日、国会と日比谷周辺で開催されました。主催者が、「国会行動は12万人の参加で成功し、全国一千カ所以上で数十万人がいっせいに行動参加」と発表すると、大歓声がわきあがりました。廃案を求める怒りの声が沸騰しています。

 戦争法案に反対する最大の全国行動になりました。国会正門前は、あふれた参加者で歩道も車道も完全に埋め尽くされました。東京地評や憲法共同センターの担当エリア・国会図書館前も、身動きできない人の波となり、国会にむけ老若男女、全世代が気持ちを束ねて「戦争法案いますぐ廃案!」「安倍政権はいますぐ退陣!」と怒りのコールを響かせました。
 国会正門前に特設されたステージでは、参院段階で廃案をめざそうと野党四党首がそろいました。スピーチの後、ともに手を握りあい、参加者と一緒にコールしました。また、作家の森村誠一氏、学者の袖井林二郎氏、憲法学者の浦田一郎氏などが次々にスピーチ。音楽家の坂本龍一氏は「一過性にせず、行動を続けてほしい。僕もみなさんと一緒に行動します」と語りました。

国会図書館前の歩道も身動きがとれない状態に(8/30)


世論と署名の積み上げを
 戦争法案は違憲性と危険性が次々と明らかになり、まさにボロボロです。この間の国会論戦で、法案が定義する「存立危機事態」の根拠がなくなり、後方支援(兵站)になんの限定もないことがはっきりしました。さらに、自衛隊統幕の内部文書で、自衛隊が米軍の指揮下で暴走していることもはっきりしてきました。立法事実もなく、法的安定性を欠く憲法違反の戦争法案は、廃案以外にありません。今回の国会・全国大行動の成功は、永田町ばかりでなく、日本全国を揺るがしています。
 私たちの運動が切り開いてきた情勢の変化に確信を持ち、全力をあげましょう。宣伝や学習を通じた、職場・地域での世論形成と署名の積み上げは、どんなに暴走した政権のもとでも力を発揮しうる、反撃の確かな基礎です。


許せない派遣法強行採決

 

派遣法の改悪反対!(参議院前 8/27)
 安倍政権は、二度にわたり廃案となった労働者派遣法改悪法案を衆議院に続き、9月8日、参院厚労働委員会で、施行日を9月30日とする修正案を提出し強行採決しました。10月1日に施行される派遣労働者保護を目的とした「労働契約申し込み見なし制度」つぶしの強行に対し、参議院議員会館前に結集した全労連や雇用共同アクションの仲間から大きな抗議の声が上がりました。
 9月1日、日経新聞は同社などが行った派遣法案調査の結果を公表し、派遣労働者の七割が法案に反対していること。そして、「派遣労働者の根本的な地位向上にならない」「派遣社員が固定化する」などの理由からの「反対」であったことを報じました。
 財界の求めるままに、正社員化への道を閉ざし、「正社員ゼロ」「生涯派遣」に道を開く労働者派遣法の後に、「残業代ゼロ」法案である労働基準法改悪と不当解雇自由化・金銭解決制度の導入を進めようとしています。引き続き労働者派遣法の廃案に向けた闘いと合わせ、労働法制改悪を阻止する闘いが重要となっています。


渋谷ジャック成功へ
プレ企画を開催
バーベキューで交流(木場公園 8/23)


 8月23日(日)、「東京ジャック」のプレ企画として、江東区にあるアサガミプレスセンターの会議室で「青年部役員学習交流会」を開催しました。主催は東京地評青年協、東京労連青年部です。
 午前中の学習会には30人が参加し、東京自治労連青年部長だった山本真・江東区議会議員を講師に、戦争法案についてワークショップ形式で交流しながら学びました。
 その後、木場公園に場所を移し、バーベキューを楽しみました。
 昨年を上回る43人が参加し、11月1日の東京ジャック第三弾「渋谷ジャック」を成功させようと、意気の上がった交流となりました。