「安倍暴走政治ストップ、労働法制改悪阻止」などを掲げた第86回中央メーデーは、5月1日、青空のもと代々木公園で開催され、2万8000人が参加しました。式典は、小田川義和代表委員(全労連議長)の主催者あいさつ、沖縄、宮城をはじめとした連帯あいさつ、NPT代表団の報告などのほか、東京土建、JMIU日本IBM支部、東京地評女性センターなど5団体が決意表明。スローガン・メーデー宣言を採択し、式典終了後、都内3コースに分かれてデモ行進を行いました。今年は、戦後・被爆70年の節目の年ですが、安倍政権は今国会で戦争立法をはじめとした悪法を通そうとしています。参加者は、憲法が真に生きる、安心して働き暮らせる社会の実現に向け、職場・地域から闘いを強化することを確認しあいました。
                  「安倍暴走政治ストップ!」と28000人が集まった中央メーデー

 第86回三多摩メーデーは立川市多摩川緑地野球場にて、3500人の参加で開催され、様々な団体が切実な要求を訴えました。


 
辺野古に基地はいらない!
(恵比寿コース・東京私教連)
来たれ若者 建設業に!
(明治公園コース・東京土建品川支部)
戦争立法 絶対反対!
(新宿コース・東部実委/足立区職労)

 デモ参加者は、自分たちの要求を掲げた横断幕、プラカード、デコレーションなどで、道行く人々にアピールしました。
 国民・労働者の声を無視して暴走を続ける安倍政権に対する要求として「戦争立法許すな」「労働法制改悪反対」「憲法改悪反対」を掲げたもの、「大幅賃上げ実現」「人員増」など職場の切実な要求に即したものも目立ちました。

建吉直樹さん 鈴木さん 渡部さん 中川隆宏さん 長田朋子さん
全印総連
日本機関紙印刷労組
江東区職労
保育園分会
全労連・全国一般
西陣労働組合
東京医労連
東京健生支部
 貧困が広がり、将来のことを考えられない人が増えていて、人間らしく暮らせるだけの賃金が必要と本当に感じています。国民の声とは真逆の戦争する国ではなく、みんなが笑顔で安心して暮らせる社会を実現したいです。  二人とも四月入職で、メーデーは初参加。保育園で働いています。保育園の民営化は反対。公立保育園を増やして待機児を解消してほしいです。何よりも質にこだわりたい、質の高い保育をしていきたいと思います。  安倍政権には、金持ち政策だけやってるなと言いたい。少子化が問題なのに、子育て世代の賃金がカットされうる政策はとんでもないです。職場では賃下げ提案が出ています。現場を見据えた政策をしてほしいと思います。  政府は、社会保障の国の責任を投げ捨てて在宅医療施策を推し進めています。人員不足も深刻で、患者さんの要求に見合う状況ではありません。職員、患者さんと家族が安心して利用し、働ける在宅医療にしたいと思います。

  平和への思い
3万人集う

「戦争立法絶対止めよう!」決意新たに(5/3横浜・臨港パーク)


 「戦争立法」など安倍政権の憲法を無視・破壊する暴走を止めようと、5月3日、横浜市の臨港パークで「平和といのちと人権を!5・3憲法集会」が開催されました。強い日差しの中、3万人以上が参加しました。
 「憲法集会」は、これまで「憲法集会実行委員会」と「フォーラム平和・人権・環境」がそれぞれ行ってきましたが、今回は共同で新たな実行委員会を結成し開催となりました。集会よびかけ人六氏が発言。大江健三郎氏は、安倍首相が米国の戦争の仲間になると表明したことにふれ、「日本人は承認、賛同をしていない。それをはっきりいう必要がある」と語りました。参加者それぞれの平和に対する思いを寄せ合う集会でした。