平和守れ くらし守れ の声を大きく



 今年の「新春座談会」は、「労働運動大いに語ろう〜学んで、広げて、行動する」をテーマに、情勢・地域運動・組織拡大・春闘・労働法制等の国民的諸課題について語って頂きました。その一部をご紹介します
左から、井手口さん 青山さん 中村さん 喜入りさん

 対抗軸はっきり 労働者要求に根差して

〇井手口行夫
(東京地評事務局長)
組合を一言で…生きがい
自分の性格を一字で…不明
今年の抱負…健康増進
趣味…囲碁

井手口 皆さん、明けましておめでとうございます。
全員 明けましておめでとうございます。
井手口 本日は、2015年を大いに語ろうということで、民間から東京医労連青山書記長、公務から東京自治労連喜入書記長、地域から八王子労連中村事務局長に集まって頂きました。
よろしくお願いします。
早速ですが、昨年は、安倍政権の暴走政治が続き、年末に総選挙。自・公が安定過半数を維持、民主微増、共産倍増という結果となりました。昨年を振り返って、情勢をどうみますか?
青山 解散まで追い込んで、労働者派遣法を廃案にした。それと、沖縄県知事選で勝ったのは大きい。二月の都知事選の共闘の広がりもあげられます。
喜入 二月の都知事選の流れは着実に前進していると思います。前回の都知事選と明らかに違う。大きな動きに繋がっていると感じます。総選挙でのオール沖縄の闘いもそうですね。県知事選が、「オール沖縄」の共闘に繋がりました。
青山 今度の総選挙、与党側がはじめて、二年半後に増税すると言って闘い、安定多数をとった。スタンスは変わらないのですから、対決点が鮮明になる年だと思います。
喜入 そうですね。財界にとって、安倍政権は危険。しかし、財界の希望を何でも実現してくれる。危険性を抱えつつも、何でもやってもらおうと思っていますよ。その中で、国民生活の悪化は隠しきれません。
青山 暮らしをどうするんだということです。新自由主義的路線を突き進んで憲法を改悪したいという勢力と、そうじゃない暮らしを守るという勢力が激突する情勢になりますね。
喜入 ええ、安倍政権の成長戦略の要である労働者派遣法を二度にわたり廃案にした。感慨があります。今年は、労働者・国民と財界・政府が見えやすい形で、しのぎを削る闘いになる。だからこそ、どこに依拠して運動を進めるかが問われる一年だと思います。
井手口 地域はどうです?
中村 去年は、様々な課題で運動が前進しました。それに追いつめられたのが、今回の解散総選挙。追いつめたのは、私たちということに、確信を持つことが大切です。選挙の結果は、選挙制度の関係からで、私たちがどこまで追いつめたかが問題です。積み重ねを生かして、これからも共闘を大きくしていく事が大事ですね。

  活動の中心に組織拡大を

〇中村映子
(八王子労連事務局長)
組合を一言で…信頼
自分の性格を一字で…朗
今年の抱負…この仕事を担う人を見つける
趣味…温泉旅行

井手口 情勢を打開するには、組合を大きくする必要があります。東京地評は、昨年の大会で、中期拡大方針や地域運動中期構想を決定し、今年は大いに取り組みを進めようと考えています。拡大の構えについて、いかがでしょうか?
喜入 組織拡大・組織強化は、一体のものだと思っています。今年も、活動の中心課題です。四月の新規採用の時期に、きちんと段取りを組んで増やすこと。もう一つは、要求運動と組織拡大を一体のものとして取り組みます。要求運動の中で組合に迎えていく。そのことを徹底してやっていきたいです。運動をやったら拡大するという意識を全体の中で作っていくことが、要だと思っています。
井手口 動く人をどれだけ増やすかですね。東京土建の役員は挨拶の時、必ず拡大の話をします。多くの組合員が拡大のことを常に考えています。だから年間一万人以上の拡大につながります。地域労働運動中期構想の中で、各地域に個人加盟ユニオンをと提起していますが、いかがですか?
中村 八王子では、「地域労組きずな」があります。労働相談センターも開いています。労働相談から組合結成されています。先日も、保育の現場で、園長のセクハラ・パワハラがひどく、園長を辞めさせたいという要求の実現のために組合が必要とわかると、みんなで組合を立ち上げ、園長を首に追い込みました。また、未払残業代を冬季一時金に上乗せさせ、タイムカードの設置も認めさせました。
全員 すごい成果ですね
中村 去年は、三つの組合が増えました。医労連では、分会が地域組織に入るという方針が徹底されていて、その成果が出ています。他の単産も、そうなってほしい。その為にも、地域労連が信頼を得るものにならなくてはと思っています。
井手口 地域労連が見えることが大切ですね。労働相談体制があることも大きいと思います。医労連の拡大方針はどうでしょうか?
青山 組織拡大は基本的には、総対話だと思っています。労働者要求をどうくみ取るか。すべての労働者と対話しようと提案しています。退勤時間調査ということでタイムカードの前で、お茶やお菓子を用意してのユニオンカフェなど対話の場を作る。その中で、要求を拾って、一緒に闘う中で組合に誘っていく。また、組織のない病院の前で、地域と一緒になって宣伝をする。的を絞って単産の力を集中し、地域に根差した運動を作りたいです。

 組合の役割大きく

〇喜入 肇
(東京自治労連書記長)
組合を一言で…正義の味方
自分の性格を一字で…楽
今年の抱負…組織拡大と次世代育成
趣味…剣道

井手口 今、非正規労働者が増えています。最賃の引き上げ、全国一律最賃制の確立、自治体キャラバンも重要です。去年は、千代田区と世田谷区でも公契約条例が出来ました。最賃闘争や自治体キャラバン行動についてどうでしょう?
喜入 最賃に張り付いている自治体がありますから、最賃闘争を重点に位置づけています。水準をいかいに引き上げるかです。これは、非正規の賃金だけでなく、賃金体系がそこに乗ってますから、正規の賃金にも影響するわけです。
井手口 初任給ですね。
喜入 はい。最賃が上がれば、大きく上がる。ここを明確にして取り組みます。
自治体キャラバンも、重要です。去年七月四日に、総務省自身が、非正規との均衡をきちんとやれという通達を出しました。これを武器に使いたいですね。
青山 医療の現場も、非正規雇用が職場で増えてきて、非正規ぬきでは回らない状態です。その中で、雇用形態による賃金の格差など様々な格差があります。看護師は、国家的なライセンスをもち、全国一律の報酬制度のもとで働いているにも関わらず、大きい格差がある。これを放置したままでは、自分たちの条件をよくすることは出来ないことを議論をしています。全国一律最賃制の確立が、絶対必要です。賃金闘争の主力に位置づけ、組織された労働者の方から打って出て、非正規の組織化にも歩みを進めたいです。
井手口 今、地域でも西部と東部ブロックが最賃パレードなども展開しています。東京地評としては、地域で何らかの運動をしていこうと提案しています。八王子ではどうですか?
中村 最賃では、なかなか運動が進んでいないのが現状です。最賃額の宣伝はしていますが、一歩前に出た運動がしたいですね。
井手口 賃上げなど春闘全体の取り組みについてはどうですか。
青山 はい。今年も、昨年に引き続き平均四万円以上の賃上げを掲げて闘います。暮らしが苦しくなって、実質賃金が目減りしている中で、大幅賃上げ以外にありえないということをどれだけ、職場の内外で確信としてもてるかがカギです。議論をしっかり重ねて闘いに立ち上がる。みんなでやれる春闘を目指したい。町の中が、「賃上げ!賃上げ!」となってくるような闘いをしたいですね。
井手口 いいですね。
青山 賃上げ以外ないでしょという感じで。

  『大幅賃上げ』をはやりに

〇青山 光
(東京医労連書記長)
組合を一言で…カッコいいところ
自分の性格を一字で…曲
今年の抱負…いろんなものを育てたい
趣味…ジョギングとピアノ
井手口 職場の闘争に加えて、単産・地域の統一行動、官民共同闘争も提起しています。いかがですか?
喜入 昨年、公務は十五年ぶりの賃上げがあり、差額をもらいました。本当にうれしかったですね。やっぱり賃上げは、いいなと感じます。公務の賃上げは、民間の賃金が要です。だから、この春闘で、民間の賃金を引き上げる闘いが大事で、民間・公務が一体になってどこまでやれるかです。また、最低賃金をどれだけ引き上げられるかだと思っています。ここの闘いがあって、人事院勧告、人事委員会の勧告がある訳ですから。14春闘の流れを止めず拡大する、そんな春闘にしたいです。賃上げのムードを作るのは、中央行動や地域春闘です。ここに公務の部隊はきちっと、腰を据えて闘っていきたいです。
井手口 14春闘は、ベアが久しぶりに始まったことと、公務と民間の賃金の悪循環が好循環にきりかえられたという成果があげられます。その闘いを後押ししているのが、地域春闘ですが、いかがですか?
中村 八王子は、春闘共闘を一月二八日に発足します。今年は、原点に返って、賃金って、そもそもどういうものか。生活実態からの賃上げ要求をしていかなければいけないという議論になるようにしたいと考えています。組織された労働者が声を上げることによって、組織されていない労働者に波及するような地域春闘をやっていきたいですね。宣伝カーを回すだとか、地域に声を届ける宣伝行動を重視したいと考えています。加えて、労連には入っていないが、つながりのある中立系の組合に、春闘一緒にやりませんかと呼びかけようと構想をしているところです。
井手口 是非、賃上げ、最賃闘争を軸に取り組みを進めていきましょう。最後に一言お願いします。
喜入 15春闘、元気に闘いましょう。
中村 組織拡大と財政問題の解決にむけて、大いに議論して頑張ります。
青山 労働組合が延びて社会を変える中心になるはずだと思ってます。大幅賃上げ一世風靡。猫も沁qも労働組合へというスタートにしたい。僕たちが世の中の流行になりたいですね。
井手口 そうですね。労働法制の改悪なども狙われています。様々な課題で、国民世論と結合した闘いがきわめて重要になっていると感じています。大いに奮闘しましょう。ありがとうございました。