第85回中央メーデー
幅広い共同を呼びかけ

 安倍政権の暴走ストップ、すべての労働者の大幅賃上げ、労働法制改悪反対などを掲げた第85回中央メーデーが5月1日、代々木公園で開催され、2万7000人が参加しました。
代表委員の大黒作治全労連議長は、主催者挨拶で「長い歴史の中でも時の政権との闘いを真っ正面から掲げる特別なメーデーだ」と強調。安倍暴走政治と戦争する国づくりストップ、憲法を守り生かし平和で安心して働き続けられる社会の実現のため、幅広い共同を呼びかけました。集会では五団体が決意表明を行い(別項)、スローガンとメーデー宣言を採択。集会終了後、3コースに分かれてデモ行進を行い、「大幅賃上げ」「労働法制大改悪反対」「戦争できる国づくり反対」「消費税大増税、TPP参加反対」など、要求を掲げたプラカード等で街行く人々にアピールしました。

  
27,000人が集まった中央メーデー(代々木公園)

 三多摩メーデーは井の頭公園で開催され4000人が参加。集会後、参加者全員が舞台の上を通って吉祥寺駅迄のデモに出発しました。


 

消費税は上がっても給料は上がらず(文京区職労)

許すな戦争への道(都教組杉並支部)
   

秘密保護法は廃止にしろ!(新聞労連東京)

 搾取するな!アベNO!(全印総連東京)

   

 使い捨て天国、国家戦略特区絶対反対
                 (新宿区実行委員会)

 空の安全を守ろう(航空労組連絡会)
   

 安倍の暴走、必ず止める(東京土建目黒支部)
   

各団体の決意表明

@秘密保護法廃止へ

戦争できる国づくりにむけた特定秘密保護法はなんとしても廃止へ。また憲法改悪とセットで進む教育の国家統制反対(出版労連・寺川徹書記長)

A公契約条例制定へ

公契約条例の全都での制定をめざす。国民運動本部を立ち上げ、首都東京の闘いの先頭にたって奮闘する(東京土建・窪田直彦中央副執行委員長)

B教え子を再び戦争に送るな

子ども達の健やかな成長のため、憲法改悪と一体で進む安倍「教育再生」ストップ、憲法を守りいかす闘いに全力をあげる(全教・今谷賢二書記長)

C非正規の底上げを

業界で働く労働者の九割は非正規。全国一律最賃制で未組織労働者を含め、人間らしく働ける賃金の引き上げを(全国一般東京・森治美書記次長

D青年要求掲げ転換を

若者要求アピール大作戦で参加を募ってきた。青年を取り巻く環境は厳しい。要求を掲げ続けることで変えたい(全労連青年部・岡崎加奈子部長)


  憲法を生かそう
5・3集会に3700人

 集団的自衛権を認める安保法制懇報告が連休明けにも出されるという緊迫した情勢のなか、今年の5・3集会が日比谷公会堂で開催され、3700人が参加しました。同日改憲派が集会を行い、衆院憲法審査会では憲法手続法「改正」が強行されようとしているなど、憲法をめぐる激しいせめぎ合いが続いています。
集会参加者は、全国各地で草の根から「戦争反対、改憲許すな、解釈変更で九条を壊すな、憲法を生かそう」の声と運動をさらに大きく広げることを確認し、集会終了後パレードを行いました。