2014年

 
新年明けましておめでとうございます。
今年は、二月に行われる東京都知事選挙でスタートします。都民本位の都政を実現し、安倍自公政権に痛打を浴びせましょう。
同時に、「すべての労働者の大幅賃上げで不況克服を」「労働法制改悪反対」「消費税増税ストップ」「戦争できる国づくりを許さない」の運動と国民世論を大きくつくり、要求実現をめざし、14国民春闘を職場・地域から全力でたたかい抜きましょう。

            2014年元旦
            東京地方労働組合評議会議長
                        伊藤 潤一
 2014年は学習の年!

 江東区労連第23回定期大会にて新議長に選出されました。議長に立候補する際は非常に不安でしたが、皆様の支えで議長の任を担えていることに感謝いたします。
 2014年は、労働法制を改悪する動きにはしっかり注視し、真っ向から反対していきます。憲法改正や戦前逆行の動きには地域の人にも賛同をいただき、声を大きく上げていきます。未組織対策委員会・女性部・青年部の組織強化をめざします。
 最後に私自身、学習の年として位置づけ、歴代議長に少しでも追いつけるよう、学習の中で日々生活し、組合活動に生かしていきたいと思います。

              江東区労連議長 名越秀和
                (東京土建江東支部出身)









 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんが安心できる看護を!
         請願署名をがんばる年に!

 『ごめんね、看護師さん忙しいのに…』と、毎日のように言われます。ゆっくり話が聞きたくても業務は山積み、ナースコールは鳴り続く毎日。16時間の長時間夜勤もあり、不規則な生活の中で看護師を続けられるか不安になることも。それでも患者さんに「ありがとう」と言ってもらえたとき、元気に退院する姿をみるとき、この仕事をしててよかったと感じます。もっと患者さんが安心でき、看護師がやりがいをもって働ける環境となるように、安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める国会請願署名を、がんばる年にしたいと思います。

東京地方医療労働組合連合会執行委員 冨田時子
 得意のDJを活かして楽しく組合活動を!

 寄宿舎指導員になって、石原都政の破壊的教育改悪とのたたかいの10年。都立の障害児学校に12舎あった寄宿舎は、半分以下の5箇所に統廃合されようとしています。「許せない!」という怒りから、初めて執行委員になりました。二人の小さな子どもを抱える私にとって、この役割は本当に不安でしたが、妻が「今やっておいたら」と背中を押してくれました。家族の支えに感謝し、自分にできる役割を精一杯がんばりたいと思います!得意分野の「音楽・音響・DJ」なども活かしながら、若い組合員のみなさんと楽しく活動していきたいです。

東京都障害児学校教職員組合執行委員 矢口 直