自治体キャラバン8 スタート
12春闘の前段行動
 

   
 自治体キャラバンパート8は、12春闘前段行動と位置づけ、東京春闘と地域春闘を中心に東京土建、自治労連、全印総連、全国一般、都教組、生協労連など関係単産で一月一八日より、23区、三多摩30自治体、大島町など54自治体を対象として実施。自治体非正規労働者と自治体発注の業務委託、指定管理者制度、公共工事の下で働く労働者の労働条件の改善に加えて中小企業対策、防災対策、地域主権一括法による住民サービス低下や自治体の執行体制での労働強化などの懸念について懇談をしました。
 

国家公務員給与削減反対などをアピール
国会へ請願デモ

  2月3日、東京春闘共闘会議は、200人が参加して、国会にむけた請願デモを実施しました。
 国会請願デモは、昨年一一月に引き続き、震災早期復興やTPP協議反対、消費税増税反対、派遣法の抜本見直しなどの課題と公務員給与削減法案に反対して開催されたものです。
 
 

労働総研がシンポ

   1月31日、全労連会館において、「中小企業の未来を拓く―労働組合の課題と解決法―」の出版を記念した労働総研シンポが開催されました。
 

 
力あわせ営業まもろう
中小企業民間サミット開催




 地域経済の振興をめざして中小経営の運動の交流をテーマとした「中小企業のまち民間サミット」が4日、東京都大田区で開催されました。今回で第8回目を迎えたこの集会には、東日本大震災の被災地や中小企業を中心とするものづくりの産業集積地などから186人が参加しました。