各三役・労働相談・組織化担当御中(回覧・転送願います)
東京労働相談センター情報

2014年 11月6日   NO.124


 東京地評・労働相談弁護団会議 年次総会を開催 ( 10月31日 ) 労働相談状況・事件報告・労働法制規制緩和問題ほか  人事も確認 
 総会は、梅田和尊当弁護団事務局長の司会で開始。森田稔東京地評新議長の挨拶に続き、東京地評・東京労働相談センター(前澤檀・加藤日出男)より、最近の労働相談状況、セクハラ・モラルハラスメントを含む特異な相談傾向、第8回「働くものの権利」討論集会(11月15日 ラパスホールほか)、第18回「安心して働きたい東京のつどい」(11月28日 荒川区サニーホール)、結成5年で600名を組織したCU東京および同江東支部、渋谷支部等の前進の状況等を報告。
次いで事件報告として、小部正治当弁護団幹事長から、前日の30日に東京地裁民事19部より出された「公務員賃下げ違憲訴訟」に対する不当判決について、中川勝之弁護士から9月4日に都労委より勝利命令を交付された江戸川区自然動物園における不当配転と不当労働行為事件について、中村元労働審判員(江東区労連事務局次長)による最近にいたる審判の動向・傾向について、最後に梅田和尊弁護士により、生々しい国会審議状況を踏まえた「労働規制緩和の動き」、特に派遣法審議と労政審の動向について報告を受け、引き続き、出席者相互で自由に意見交換を行いました。
今後の役員人事については、小部正治幹事長、笹山尚人副幹事長、梅田和尊事務局長を選出。次年度に向けての取り組みを再確認しました。 

 年間の弁護団会議の日程は、下記の通り。 来年2月25日(水曜日) 、6月26日(金曜日) 、以上いずれも午後6時より。 弁護団総会として、10月23日(金曜日) 午後4時より。
 弁護士のみなさん、地域団体や産別組織で労働相談活動やオルグをされているみなさん。すぐに、手帳に日程を書き入れておいてください。

◆過労死等防止対策推進全国センター (略称・過労死防止全国センター)
結成総会が、  10月29日 新宿区四谷 主婦会館プラザエフで開催。なお10月14日、過労死等防止対策推進法の関係政令が閣議決定。施行は11月1日から。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000060810.html

★ お知らせ ★  東京地評第8回権利討論集会 11月15日(土) 12時開場 ラパスホール   記念講演:西谷 敏 大阪市大名誉教授
第一分科会 「解雇とたたかう」 ミニ講演 (加藤健次弁護士)         
第二分科会 「非正規雇い止め裁判の勝利をめざして」(鷲見健一郎弁護士)
第三分科会 「変質する労働委員会」(金井克仁弁護士)
第四分科会 (東京都 協力事業)「事例から学ぶメンタルヘルス対策講座・職場の精神疾患の予防と職場復帰」(綾部直子臨床心理士)   各分科会では、討議と事例報告も行われます。

お問い合わせは、東京地評 03−5395−3171 組織局 まで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015年 東京春闘共闘会議 年次総会 開く
: ラパスホール

 11月4日、東京春闘共闘会議は東京労働会館ラパスホールで年次総会を開催。寺下章夫東京春闘共闘会議事務局次長(東京地評事務局次長)の司会、堀内俊男(東京自治労連)・高松栄次郎(東京医労連)の両氏を議長団として議事に入り、14春闘の経過と15春闘の方針・運営要綱・役員人事の提案を松本秀典同会議事務局長(東京地評副議長)、決算・会計監査・予算の提案を久保桂子春闘共闘幹事(東京地評総務財政局長)が行い、質疑討論を経て、15春闘の態勢を確認しました。なお、主催者として森田稔東京春闘共闘代表(東京地評議長)が挨拶し、また国民春闘共闘委員会より来賓として、井上久事務局長(全労連事務局長)の挨拶を受けました。15春闘の基本メッセージは、【まもろう憲法と暮らし ストップ暴走政治 実現しよう!大幅賃上げと雇用の安定】   自治体キャラバン11の取り組みも 開始 官製ワーキングプアをなくそう!公契約条例の制定を! 東京春闘共闘会議によって1月に行われる、各自治体への訪問日程の最終確定は12月ですが、10月29日には、全自治体に申し入れ書を発送し、11月末日までに「懇談・要請」「事前アンケート」の回答と訪問日程の確定を求めています。  単産と地域からの多数のご参加を。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●【
情報のご提供、配信申し込み、お問い合わせは、下記までお願いします。】
東京地評
03-5395-3171(代表)fax 03-5395-3240 http://www.chihyo.jp/index.html
東京労働相談センター03-5395-3241(労働相談)
新アドレスです roudou-soudan@chihyo.jp
全国労働相談フリーダイヤル0120−378−060
14年11月6日発行
(編集・前澤檀)