各三役・労働相談・組織化担当御中
東京労働相談センター情報
2012年04月27日 NO.91

メーデー前に みんな 頑張ってますね!
●  元教諭の減給停職取り消し/君が代斉唱での不起立
  東京都八王子市の市立中学の教諭だった男性が、卒業式で君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に都教育委員会が戒告や減給、停職の懲戒処分にしたのは不当として、取り消しを求めた訴訟の判決で東京地裁は4月19日、減給と停職の処分を取り消した。(共同通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20120425a.htm
●  パワハラ認定で慰謝料/岡山のトマト銀行
トマト銀行(岡山市)の50代の元行員がパワハラにより退職を余儀なくされたとして、同行と上司に計約4,900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁は4月19日、精神的苦痛を認め慰謝料など110万円の支払いを命じた。(共同通信)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20120425b.htm
●  「日々雇用」形態でも使用者と判断/中労委  日本ヒルトン事件(新宿区)
「日々雇用契約」の形態で、配膳人として働いていた組合員の勤務日数の減少について不当労働行為として争われた事件で、中央労働委員会は4月18日、実態として約5年間の労働関係が継続していることなどを理由に、会社は労働組合法で定める使用者に当たると判断した。一方、組合員を紹介した職業紹介会社は、組合員の勤務日数の減少に対し支配力を及ぼしているとは認められないとして、使用者には当たらないとした。 
http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryou-01-419.pdf
● 正規雇用の確保で和解 /八千代銀行パワハラ争議
八千代銀行赤塚支店(東京都練馬区)に勤めていた中野勉さん(43)が、支店長のパワハラで退職に追い込まれたとして、地位確認などを求めていた東京地裁の裁判が4月12日、和解で解決した。銀行グループ内で正社員として雇用を確保し、5月から就労する内容だ。中野さんは「円満な解決に満足している」。 中野さんは1992年に国民銀行に入行後、同行の経営破たんを経て2000年に営業譲渡先の八千代銀行に異動した。09年11月から当時の支店長に「バカヤロー」「お前なんか辞めちまえ」などとパワハラを受けた末、10年6月に本人の意思に反する「退職願」を提出させられた。翌月、東京地裁に提訴していた。 銀行側はパワハラの事実は認めていないが、パワハラが疑われる場合には適切な対応を図り、良好な職場環境の維持に努めていくことを和解で確認した。 「連合通信・隔日版」

● The Jimin NEWS H24.4.16  自民党 ブログ  必見 ひどいぞー!No.160
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/recapture/pdf/062.pdf
シリーズ「自民党の政策B」(生活保護) 「手当より仕事」を基本とした生活保護の見直し?
既に、板橋・足立ほかで配置済み ●(再掲) 福祉事務所に元警官!?/ 厚生労働省は3月1日の社会・援護局関係主管課長会議で、生活保護の不正受給防止を目的にと福祉事務所に警察官OBを積極的に配置するよう求める指示を出し、弁護士らでつくる「生活保護問題対策全国会議」などは「撤回すべきだ」と訴え、東京で緊急集会を開催。 全国会議などは3月12日に同省に対して、(1)警察官OBの配置は社会福祉関係法に違反する(2)保護行政から一層住民を遠ざけ、「餓死・孤立死」を増やす(3)不正受給対策はケースワーカー増員など別の方法で行うべきと要望した。120322「連合通信・隔日版」
● ● 日本弁護士連合会  日弁連では、2012年4月13日付けで、「有期労働契約に関する労働契約法改正案に対する意見書」をとりまとめ、同月23日付けで、厚生労働大臣に対して提出しました。有期労働契約に関する労働契約法改正案に対する意見書
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2012/120413_2.html 
● ◆「大学院構想」を確認/リーダー育成で連合  120424・「連合通信・隔日版」
連合は4月19日に開いた中央執行委員会で、労働運動や、共済など労働者福祉事業の将来のリーダーを育成するための「連合大学院(仮称)」設立基本構想を確認した。2014年4月の開講をめざす。 構想では、法政大学大学院公共政策研究科の下に新たにコースを設置。当面は博士課程に絞り、10人程度の入学対象者を連合構成組織や労金協会、全労災、中央労福協などが選抜・推薦する。
● ◆11月に130万新産別結成へ/ 百貨店やチェーン・ストアなど流通業界の労組でつくる日本サービス・流通労働組合連合(JSD、約23万人)は4月18日臨時大会を開き、UIゼンセン同盟(約111万人)との「新産別結成」方針を賛成多数で採択し130万人に上る連合内最大の新産別誕生へ。 結成大会は今年11月6日。名称は、UIゼンセン同盟の正式名称「全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟」を引き継ぐが通称は「UAゼンセン」。「連合通信・隔日版」
● : なぜ騙されたのか? ハシズム支持の背後にあるもの ジャーナリスト 西谷文和氏が二宮厚美神戸大学名誉教授にインタビュー。  イラクの子供を救う会のブログ
● 西谷敏「自治体労働者とディーセントワーク」
http://www.jilg.jp/iservice/page/2012031609111.html  昨年12月に、西谷敏大阪市立大学名誉教授が自治労連・地方自治問題研究機構においてお話しされたものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 この東京労働相談センター情報の配信希望・ご感想は、下記まで 】         
東京地評 03-5395-3171(代表)fax 03-5395-3240
  http://www.chihyo.jp/index.html 
東京労働相談センター 03-5395-3241(労働相談)
  新アドレスroudou-soudan@chihyo.jp  
全国労働相談フリーダイヤル 0120−378−060 2012年 4月27日発行
(編集・前澤檀)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 この東京労働相談センター情報の配信希望・ご感想は、下記まで 】
東京地評 03-5395-3171(代表)fax 03-5395-3240 HP http://www.chihyo.jp/index.html  
東京労働相談センター 03-5395-3241(労働相談) Mail 新roudou-soudan@chihyo.jp  
全国労働相談フリーダイヤル 0120−378−060 12年 3月29日発行(編集・前澤檀)


 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
【この相談センター情報の配信希望の方は、下記まで】
東京地評 ………………………… 03-5395-3171
      ……………………… (代表)Fax03-5395-3240
東京労働相談センター ………… 03-5395-3241 メールアドレス
全国労働相談フリーダイヤル … 0120-378-060
………(文責・前澤檀)