各三役・労働相談・組織化担当御中
東京労働相談センター情報
2010年11月26日 NO.73

高裁も「労働時間」認定/産科医の当直賃金訴訟   奈良県立病院
病院の当直勤務は割増賃金が支払われる「時間外労働」に当たる、とし、県立奈良病院の産科医2人が県に相当額の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は11月16日、計約1,500万円の支払いを命じた一審奈良地裁判決と同様に「当直は労働時間」と認定。双方の控訴を棄却した。(共同通信)
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20101119.htm

再審査申立てを棄却/不当労働行為事件の再審査で中労委(株)URリンケージ
別会社へ転籍させた後も、出向者としてこれまでと同様の業務をさせた労働者の雇用身分などについて、会社が団交申入れを拒否したことが不当労働行為であるとして、救済申立てのあった事件の再審査で、中央労働委員会は11月16日、 「団交申し入れ時点では、会社と転籍先会社との間で業務委託契約が結ばれ、会社との雇用関係は終了していたとも言えるが、雇用関係が終了する際、会社が実質的に決定権を「雇用する」使用者の地位にあると言うべきで、会社が正当な理由なく本件団交申し入れに応じなかったのは、不当労働行為に当たる」などとして、誠実団交応諾等を命じた初審命令を維持し、会社の再審査申立てを棄却した。(東京都中央区)
  http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryo-01-364.pdf

日航 250人「整理解雇」発表 組合側「違法性が高い」
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-16/2010111601_02_1.html
日本航空は11月15日、希望退職の応募が目標を下回ったとして、パイロットと客室乗務員の「整理解雇」を実施すると発表しました。対象は、パイロット110人、客室乗務員90人、休職者50人の合計250人です。これに対し、航空労組連絡会(航空連)は同日、厚労省内で会見し、人員削減目標はすでに達成しており、必要性のない「整理解雇」であることを明らかにしました。

日航に 整理解雇の即時中止要請  自由法曹団 11月25日
  http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112501000782.html

生活苦しくても負けない 非正規切り裁判の闘争交流 ・全労連11月14.15日  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-16/2010111606_01_1.html

個人情報ファイル「違法」/JAL労組に賠償命令  (共同通信)
  日航の労組の一つ「日本航空キャビンクルーユニオン」に加入する客室乗務員ら計193人が、「無断で個人情報ファイルを作成され、人格権を侵害された」として最大労組のJAL労働組合と歴代役員ら5人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10月28日、違法と判断し、原告 1人につき1万円を支払うよう命じた。
   http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20101105b.htm

 10月29日 ●初審救済命令の一部を認容/不当労働行為再審査で中労委
  JR東海で 会社が組合掲示物を撤去したことが不当労働行為であるかが争われた事件の再審査で、中央労働委員会は10月28日、掲示物9点の撤去がいずれも不当労働行為に該当するとした初審救済命令の一部を認容し、「会社が掲示物9点のうち7点を撤去したことは不当労働行為に該当するが、2点を撤去したことは不当労働行為に該当しない」と判断した。
   http://www.mhlw.go.jp/churoi/houdou/futou/dl/shiryo-01-361.pdf

 ▽ 組合結成に関する規則変更後の最初の選挙で組合側が勝利 ▽
10月12日、トラック労働者を中心に組織する産業別労働組合チームスターは、アトランタに位置するアトランティック・サウスイースト・エアラインに雇用される600人のメカニックを組織化する選挙が賛成2反対1の割合で勝利したと発表した。
  http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2010_11/america_02.html

 厚生労働省動画チャンネル「YouTube」(平成22年版労働経済の分析について)
   http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=157575

 同居の親族のみを雇用する事業も中小企業退職金共済制度に加入できるように
なりました。                平成23年1月1日施行
  http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=157633 (厚労省)

 労働契約承継法 Q & A    11/19 NEW
   http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=157659

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
●【この相談センター情報の配信希望の方は、下記まで】
東京地評 ………………………… 03-5395-3171(代表)FAX03-5395-3240
東京労働相談センター ………… 03-5395-3241 メールアドレス
全国労働相談フリーダイヤル … 0120-378-060
………(文責・前澤檀)