各三役・労働相談・組織化担当御中
東京労働相談センター情報
2009年11月25日 NO.59

● 東京地評第3回「労働者の権利」討論集会 多数参加を
12月12日(土)東京労働会館・ラパスホール10時〜
記念講演「有期雇用労働者の保護と均等待遇の実現へ 労働法の課題は何か」
西谷 敏 近畿大学法科大学院教授 (以下※は報告者ら)
13時から第一分科会 労働審判制度を活用して、働く権利を守る
※労働審判員・弁護士
第二分科会 偽装請負・雇い止めとのたたかい
      ※青年ユニオン・JMIU・自治労連
第三分科会 基礎講座:労働法と労働組合
※出版労連・全国一般・移住者ユニオン
第四分科会 職場のメンタルヘルス対策をどう進めるか
  ※精神科医・いの健センター
15時40分から>全体会・分科会報告 *於 東京労働会館7階 ラパスホール

● 雇用対策「一段の強化とテンポアップを」/全労連事務局長談話
全労連は11月17日、政府の緊急雇用対策本部による「ワンストップ・サービス・デイ」の試行決定などを受け、小田川義和事務局長による談話「雇用対策の一段の強化とテンポアップを求める」を掲載しました。冬を迎え、事態が切迫している中でのサービス実施を歓迎すると同時に、問題が集中する年末・年始の時期の継続実施を求めました。  ※30日、全国77カ所で実施。
  http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2009/opinion091119_01.html

● 雇用保険の支給終了者数、推計約39万人/緊急雇用対策本部
政府の緊急雇用対策本部はこのほど、「貧困・困窮者支援チーム」の第2回会合(11月16日開催)の資料などを発表した。会合では、(1)「ワンストップ・サービス・デイ」実施に向けた地方公共団体の調整状況等(2)公的賃貸住宅・雇用促進住宅の活用状況(3)雇用保険支給終了者の推計、などが議題にあがった。このうち2009年6月〜12月までに雇用保険の支給が終了する人(解雇、雇止め等による非自発的離職者)の数が、推計で最大約39万人にのぼることなどが明らかになった。
  http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kinkyukoyou/suisin/Hdai2/2gijisidai.html

● 東京地評と東京社会保障推進協議会は、「許すな!雇用・営業・暮らし破壊」緊急行動実行委員会と共同して、11月27日に葛飾、12月14日大田、15日北、16日港、17日江東、21日西東京、24日足立で、「いのち・暮らし・しごと相談会」を開催します。
※12月16日は地評と東京春闘の、霞ヶ関一日総行動日。

● 非正規雇用労働者:権利向上で弁護士などが全国会議結成
非正規雇用労働者の権利実現を進めるため、弁護士や研究者などを中心とした「非正規労働者の権利実現全国会議」(代表幹事・脇田滋龍谷大教授)が11月22日東京都内で結成総会を開いた。
非正規問題で、学者と実務家、市民がこうした組織を作るのは初めて。
会議は、労働法制や社会保障、年金制度などの面から研究、議論し提言するなどして非正規の権利実現を目指すために作られた。総会には約70人が参加。脇田教授は「労働の規制緩和の中で、非正規労働者は量的に拡大し、不安定で劣悪な労働条件の中に置かれている。派遣法改正論議のように、ようやく規制強化が可能な状況が生まれてきた。社会の連帯の中でこうした機会を生かしたい」と問題提起をした。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091123k0000m040052000c.html

● 失業期間3カ月超の失業者238万人/労働力調査7〜9月期平均
総務省統計局が11月17日公表した労働力調査(詳細集計)によると、2009年7〜9月期平均の非正規の職員・従業員は、前年同期比36万人減の1,743万人で3期連続の減少となった。
正規の職員・従業員は3,370万人と15万人減少した。完全失業者は361万人で、このうち失業期間が「3カ月以上」の者は238万人と前年同期に比べ75万人増加した。また、前職の雇用形態が「正規の職員・従業員」だった者は96万人と前年同期に比べ41万人増加した。
    http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/4hanki/dt/pdf/05500.pdf


● 仕事・住まい・生活にお困りの求職者の方へ  厚生労働省
   http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=144743
◆ 離職によって住居を失ってお困りの求職者の方や、雇用保険受給資格がなく
(または受給を終了して)就職活動中の生活費にお困りの求職者の方に対しては、
いくつかの支援策が用意されています。

・支援策がチャート(PDF:438KB)でわかります。あらましはこちら(PDF:861KB)。
・支援策の内容や要件はさらにこちら(PDF:2,015KB)。

※リーフレットの形でまとめたファイルはこちら↓
(表面(PDF:1,797B)/裏面(PDF:633KB))
就職安定資金融資 ●住宅手当 ●総合支援資金貸付 ●訓練・生活支援給付
臨時特例つなぎ資金貸付 ●就職活動困難者支援事業 ●長期失業者支援事業

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
    * お願い・この「センター情報」についてのご感想などお送り下さい

この相談センター情報の配信希望の方は、下記まで
東京地評03-5395-3171(代表)FAX03-5395-3240
東京労働相談センター03-5395-3241 メールアドレス (文責・前澤檀)