各三役・労働相談・組織化担当御中(回覧・転送願います)
東京労働相談センター情報
2008年12月24日 NO.48

日雇派遣労働者の方へ(雇用保険に加入していますか)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=133749
派遣元事業主の方へ
(一般被保険者である派遣労働者の雇用保険被保険者資格の喪失について)
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=133751

08年の労組組織率18.1%  パートは5%/労働組合基礎調査
厚生労働省は16日、2008年の労働組合基礎調査の結果を発表した。08年6月30日現在の労働組合の推定組織率(雇用者数に占める労働組合員数の割合)は18.1%で、過去最低を記録した前年と横ばい。労働組合員数は前年比1万5,000人(0.1%)減の1,006万人5,000人となっている。このうち、パートタイム労働者の組合員数は61万6,000人で、前年と比べ2万8,000人(4.7%)増加。推定組織率は5.0%、全組合員に占める割合は6.2%で、それぞれ前年から上昇している。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/roushi/kiso/08/index.html
↑全労連事務局長談話
http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2008/opinion081217.html

中労委員に全労連出身者 淀さん 連合以外から初
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-11-16/2008111601_01_0.html

● 少数派組合との団交などめぐり救済命令/NTT西日本事件で中労委NTT西日本との団体交渉をめぐり通信産業労働組合から救済の申し立てがあった事件で、中央労働委員会は10月31日に命令書を交付した。「少数派組合との団体交渉」「配転の事前協議」での使用者の交渉態度につい、労働組合法第7条第2号の不当労働行為に該当するかどうかの判断の枠組みを中労委として初めて提示。会社が団交で多数派労組と比べて取り扱いに差異を設けたこと、配転をめぐる団交に応じなかったことを不当労働行為と認め救済を命じた。

「規制改革推進のための第3次答申−規制の集中改革プログラム」が公表
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/publication/index.html#thirdreport
   労働分野は
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/publication/2008/1222/item081222_18.pdf
この間の規制緩和がワーキングプアを生み出したことへの反省などかけらも見せず、再規 制に対し攻撃を繰り返し、労働者が「好んで選択」とあべこべに描いて、企業を免責させる など、規制改革会議こそ、税金のムダ、廃止すべき行政組織。(大阪弁護士会 増田 尚弁護 士コメントより)

男女賃金格差・セクハラ対策を“海外情報も活用を!”
国連規約人権委、女性差別の改善を日本に勧告
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_08111005.cfm
国連の規約人権委員会がこのほど、日本政府から提出された報告書に対する所見を発表した。日本は死刑制度の撤廃を検討するよう求められたほか、男女間賃金格差や女性への暴力など、女性を巡る制度や法整備の遅れについても指摘された。同委員会は世界人権宣言を法制化した二つの規約のうち、「市民的・政治的権利に関する国際規約(自由権規約)」について、批准国が提出する報告書をもとに取り組み状況を審査している。日本は1998年以来10年ぶり5回目の審査。 同規約は「男女平等」も規定している。(略)・・・同委員会は、女性を差別しているとして民法や関連法の改正を求めたほか、国会議員や政府の主要ポストに占める女性割合が低いのは「数値目標自体が低過ぎるため」として、クオータ(割り当て)制の導入など、一層の努力を求めた。また、賃金格差やセクハラ対策の遅れなど労働分野の不平等について、7項目にわたって勧告。性暴力やDVなど、女性への暴力に関しては「司法手続きが女性への性的偏見を元にしている」として、法規定の見直しも勧告した。

● ▼中国  ▽中華全国総工会が「企業労働組合議長決定方法」を発表
中華全国総工会はこのほど、「企業労働組合議長決定方法」を発表した。これにより、 企業の総責任者、共同経営者及び近親者、人事部門の責任者、外国籍従業員などは企業 の労組議長の候補者から除外される。こうした規定を打ち出した背景には、これまで議 長ポストに企業の「二番手ボス」や経営者の妻、人事の責任者等が就く慣習があり、組合員とのトラブルに発展するケースがあったためと見られる。
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2008_11/china_01.htm

● ▼韓国 ▽08年労働争議の状況/件数は横ばい、産別交渉のため交渉が長期化
労働部がこのほど発表した2008年(8月末まで)の労働争議の状況によると、件数は80件と前年同期間の81件をわずかに下回った。労働争議に伴うスト日数は平均31日。また、労働損失日数は66万日と、前年の36.4万日の55.2%増となった。労働部の情報では、産別交渉の開始により企業現場での交渉は紛争終結までの期間が長期化しているという。
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2008_11/korea_01.htm

● ▼EU  ▽派遣労働指令が成立、労働時間指令改正案は協議が難航
EUの議会に相当する欧州議会は10月下旬、派遣労働者と正規労働者の均等待遇などを定めた派遣労働指令案を可決し、指令は6年に及ぶ協議を経て成立した。加盟各国は今後3年間で国内法制化を完了しなければならない。一方、労働時間指令の改正案については、待機時間の扱い等でより強力な規制を求める欧州議会の反対で、議論が難航している。
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2008_11/eu_01.htm

  * お願い・この「センター情報」についてのご感想などお送り下さい

この相談センター情報の配信希望の方は、下記まで
東京地評03-5395-3171(代表)FAX03-5395-3240
東京労働相談センター03-5395-3241 メールアドレス (文責・前澤檀)