各三役・労働相談・組織化担当御中(回覧・転送願います)
東京労働相談センター情報
2008年08月27日 NO.44

 東京地方最賃審議会が改定意見を提出・東京労働局
意見内容 公表せず 生活保護基準を上回る 1150円にせよ!


東京労働局長の8月25日公示によると、意見は一時間当たり766円(27円引き上げ)に、10月19日から発効というもの。東京春闘共闘会議は26日、労働局が意見内容の公表を避けたことに強く抗議し、4月段階からの要請行動等で示してきた生活保護水準を超えるべきという主張と、引き続き異議を集中したたかう決意の声明を発表しました。

● 非正規センター発足祝い 全労連が集い  8月20日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-22/2008082205_02_0.html
非正規雇用労働者全国センターのホームページは、
こちら。 http://www.cwac.jp/
● 厚労省、規制改革会議の「中間とりまとめ」に対する考え方示す  http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/08/h0812-1.html 少しは 反論?
厚生労働省は8月12日、7月2日に公表された規制改革会議の「中間とりまとめ」に対する考え方を示しました。同省は規制改革を進めるにあたり、経済的効果だけでなく(1)サービスの質や安全性(2)税・保険料負担(3)労働者保護などの観点から慎重な検討が必要であると主張。労働分野にでは、「労働者派遣」「労働時間規制」「パートタイム労働法」「最低賃金」「解雇規制」などのについて、同会議の主張と省の考え方を併記。

● 派遣労働者の労働災害による死傷者、前年比60%増/厚労省
厚生労働省がこのほど発表した「派遣労働者の労働災害の発生状況」によると、2007年 の派遣労働者の労働災害による死傷者数(休業4日以上)は前年比約60%増の5,885人だった。製造業での労働者派遣が解禁された04年から667人(集計10カ月分)、2,437人、3,686人と毎年、死傷者数は急増。派遣労働者数も04年が227万人(常用換算89万人)、05年が255万人(同124万人)、06年が321万人(同152万人)と増加している。
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/siryo/pdf/20080822.pdf

● イジメは許さない!海自隊員自殺 国に賠償命令 福岡高裁
すべてのところから国民的運動を!上司の言動は違法 8月26日
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-26/2008082615_01_0.html

● 労働審判:コナカ2店長は「管理職でない」 横浜地裁判断 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080823k0000m040069000c.html 紳士服大手コナカ(本社・横浜市)の店長2人が、店長としての権限や出退勤の自由などがない「名ばかり管理職」として扱われ、本来受け取れるはずの残業代をもらえなかったとして、同社に計1284万円の支払いを求めた労働審判で、横浜地裁は22日、2人が管理職ではないと認める判断を示した。

● スコープ 『日雇い』など労働者派遣規制強化 法改正へ議論白熱
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2008081902000126.html

● 遂に いいとこ取り 使い捨て人事が 破綻か
企業内学校を設立、新卒技能系人材の育成強化へ/トヨタ紡織
トヨタ紡織株式会社(7,128名)は19日、技能系人材の育成を目的として「トヨタ紡織学園」を2009年4月に開校すると発表。初年度は、技能系高卒新入社員30名を学園生として採用。全寮制の下、4月から翌2月末までの11カ月間、機械系・電気系の基礎を中心に学習する。同日、材料・バイオ科学などを研究する基礎研究所を10月に開設すると発表。
http://www.toyota-boshoku.co.jp/pdfset/release/08081901.pdf

● 再掲・3月1日施行の労働契約法 http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=124529
使用者は労働条件や労働契約を一方的に変更できないのです。
※ 労働契約法第8条
労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。
※ 労働契約法第9条
使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。略

● 第二回 東京地評 労働者の権利討論集会
11月16日(日)10時〜東京労働会館
第2回企画会議は9月17日 午後4時です。

  * お願い・この「センター情報」についてのご感想などお送り下さい

この相談センター情報の配信希望の方は、下記まで
東京地評03-5395-3171(代表)FAX03-5395-3240
東京労働相談センター03-5395-3241 メールアドレス (文責・前澤檀)