各三役・労働相談・組織化担当御中(回覧・転送願います)
東京労働相談センター情報
2008年07月02日 NO.43

 東京地評 派遣法問題学習交流会を開催 6月17日
大阪高裁 松下PDP判決(4/25)を中心に
立教女学院 一橋出版でも 勝利を!!!


6月17日、東京労働会館会議室で標記の学習交流会が開催されました。
講師に八坂玄功弁護士(しいの木法律事務所)を招き、大阪高裁が4月25日に下した松下プラズマディスプレイ(PDP)事件判決のポイントの解説と、今日におけるその意義と派遣法の問題点についてお話を聞きました。本件代理人であった村田浩治弁護士(堺総合法律事務所 労働弁護団常任幹事)の非正規雇用についての法律問題の解説や資料、川口美貴関西大学法科大学院教授の鑑定意見書なども駆使されて、松下PDP社で偽装派遣状態で長く働いてきた吉岡氏との間に雇用関係があったこと、労働局への申告に対する報復行為が有ったことなどを認めた判決の意義、ポイントが判りやすく説明されました。続いて、派遣から直接雇用にされながら雇い止めにされた立教女学院嘱託職員の清野さん、一橋出版が設立した派遣会社から一橋出版に長期にわたって派遣されていたのに、突然雇い止め解雇された加藤さんのお二人から直接雇用の権利、正当性、たたかいの取り組み等が報告されました。他の参加者や当東京労働相談センターからも、相談や周りに起きている偽装派遣や多重的派遣の不当性、ひどさなどについての発言があり、今回の高裁判決の維持を目指し、取り組みを強めようと確認し合いました。参加は11団体23名でした。

● 再掲 3月1日施行の労働契約法のあらましです。良く読んで、
活用してください。

http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=124529
使用者は 労働条件や労働契約を一方的に 変更できないのです。
※ 労働契約法第8条
労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更すること
ができる。
※ 労働契約法第9条 使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更すること
により、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変国することはできない。

「派遣労働者の全国一斉ストライキ」 7月8日に・・・
インターネット掲示板の2ちゃんねるで、上記の呼びかけが行われています。
7月2日現在で、色々な考えを持つ派遣労働者自身や、関心を持つひとからの
600近い書き込みが行われていますが、あなたは、どう考えますか。
なお、以上の気付きは、民法協中西基弁護士・北大阪総合法律事務所の情報から。
※以下、紹介部分は行詰め、字詰めしてあります。
http://st0708.web.fc2.com/

労働者よ、立ち上がれ!2008年7月8日 非正規労働者 ストライキ決行!
労働者を正規と非正規に分断した上に、さらなる搾取をもくろむ国と経団連ら経営者に抗議するべく秋葉原事件1か月、そして洞爺湖サミット中日にあわせてわれわれは静かに立ちあがろう!
この国の非正規労働者のありようを先進国の首脳の面々に見せつけてやろうではないか! 一人一人に分断され、団結することも許されなかったわれら。
しかしもう黙ってはいられない。我々は今!この怒りを結集し、経営者に叩きつけるべきである!労働者よ、嘆きを怒りに変えて、立て! 一人一人の小さな血と汗の一滴を大河に変えて、国を変えよう!当り前の幸せを誰もが受け取れるように。 そして安全な祖国を取り返そう! 発足掲示板(2ちゃんねる)
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/haken/1213540425/
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/haken/1214640004/

ストの方法
7月8日0時〜24時まで仕事を休む。依頼の電話があっても絶対断る。個人・団体・派遣・契約を問わない。正規社員でも現在の待遇や将来に不安があり、「使い捨てだ」と考えられる人はぜひ参加をお願いします。個人で立場が弱い人は、これがストであることを知らせず、病欠や事前に法事など都合をつけてもよい。とにかく休むことで非正規がいない不便さを思い知らしめる。
スト参加表明掲示板 やるぞ!という人はここにカキコしてね。
http://hiseiki0708.1616bbs.com/bbs/

第二回 東京地評 労働者の権利討論集会 日程決まる
日時・会場 11月9日(日)10時〜 東京労働会館
7月1日に、第1回企画会議が開かれました。手帳にご記入を。

お願い・この「センター情報」についてのご感想などお送り下さい

この相談センター情報の配信希望の方は、下記まで
東京地評03-5395-3171(代表)FAX03-5395-3240
東京労働相談センター03-5395-3241 メールアドレス (文責・前澤檀)