各三役・労働相談・組織化担当御中(回覧・転送願います)
東京労働相談センター情報
2006年7月28日 NO.16

短信
 7月28日、東京都内江東区で三日間にわたって開かれていた全労連大会が終了しました。新議長に、坂内三夫氏(前全労連事務局長、日本医労連出身)が選出されました。
 7月26日、平成18年度地域最低賃金額の改定の目安について、中央最低賃金審議会から、答申が出されました。
  Aランクという東京、千葉、神奈川、大阪が4円!!!。東北や四国、九州などが占めるDランクでは2円!!。東京は、現行714円が718円になると言うこと!!!!!。

  以下は、前号に続いて、最近の各種統計調査から。教育宣伝活動や、学習にどうぞ。

平成17年有期契約労働に関する実態調査結果の概況
 有期契約の横行に対して、有期契約労働の現場労使の意識や要望がわかります。
  http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=108663
  △▼厚生労働省 新着情報配信サービス 2006年6月14日(水)掲載より
過労による脳・心臓疾患の労災認定、330件/05年度
 厚生労働省は5月31日、2005年度に過労で脳・心臓疾患にかかった人などの労災認定状況をまとめた。請求件数は869件で前年度に比べ53件増加。
 認定件数は330件で前年度より36件(12.2%)増え、このうち過労死の労災認定は157件だった。また、働きすぎなどによる精神障害の労災申請は656件で、127件が労災の認定を受けている。
  http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/05/h0531-1.html
  ■■====【メールマガジン労働情報/No.246】2006/6/2発行より
業務委託にも団交認める/大阪府労委、拒否は不当
  共同通信によると、大阪府労働委員会は24日、住宅設備大手「INAX」(愛知県常滑市)の子会社「INAXメンテナンス」(同)が、個人で業務委託契約を結び製品の修理(次頁へ)に当たる「カスタマーエンジニア(CE)」の労働組合との団体交渉を拒否したのは不当労働行為だと認定、団交に応じるよう命じた。
  http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/gyousei/20060726.htm
  ■■====【メールマガジン労働情報/No.261】 2006/7/26 発行より
会社分割に伴う労働契約の承継等について(改訂リーフ)
  会社分割制度に関しては、労働者保護の観点から、会社分割に伴う労働契約の承継等に 関する法律(以下、「労働契約承継法」)、同法施行規則及び関係指針が定められています。
  http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=109503
  △▼厚生労働省 新着情報配信サービス  2006年7月24日(月)掲載より
日本人の平均寿命、男性78.53歳、女性85.49歳
  厚生労働省は25日、2005年簡易生命表を発表した。ゼロ歳の平均余命である「平均寿命」は、男性78.53歳、女性85.49歳で、前年と比べ、男性は0.11歳、女性は0.10歳短くなっている。男女の「平均寿命」の差は6.96歳で前年より0.01歳拡大した。
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life05/index.html
  ■■====【メールマガジン労働情報/No.261】 2006/7/26 発行より
07/14【ダウンロード】「こんな労働契約法はいらない」
  6月27日、厚生労働省の労働政策審議会第59回労働条件分科会が開催されましたが、提出された素案に対して労使双方から反発が続き、30分で解散に。 厚生労働省は、通常国会に提出したい、今後も調整するとしています。 金銭解雇の自由や、年収400万円以上の者には残業代は払わない、労使委員会の多数決で労働条件変更を合理化する、などの改悪を阻止しましょう。
  全労連新聞360号2〜3面
  http://219.166.38.179/fdl/index.as
  解決を求める要求は、周りにイッパイ有ります。組合員の加入促進は、夏も休まずに、取り組みましょう!
  この情報メールの配信を希望される方がありましたら、個人でも団体でも、配信希望先アドレスを、下記までご連絡ください。
東京地評 03-5395-3171(代表)FAX03-5395-3240 発行
東京労働相談センター03-5395-3241 (文責・前澤檀)