◆2019/12/15

  東京地評女性センター 発足大会を開催 ともに闘う決意固める

方針等を満場一致で採択(11/23、ラパスホール)
 11月23日、13時よりラパスホールで「東京地評女性センター発足大会」を開催。12単産5地域42人の代議員をはじめ特別代議員・常任・来賓・傍聴等を含めて70人が参加しました。
 第1号議案「東京地評女性センター発足について」、第2号議案「2020年度活動方針」、第3号議案「東京地評女性センター規則」、予算を満場一致で可決し、役員を選出しました。
 女性センター連絡会から正式発足で大きく変わったことは、女性センターの組織内に「全労連女性部に対応する『協議会』」をもったこと。当日の午前中には、東京労連女性センターが解散されています。
 大会では、15人が発言し、職場の人手不足、1年の変形労働時間制、長時間労働、ハラスメント根絶、女性差別をなくす、5年の無期転換の取り組み、年金問題等々の発言があり、ともに闘う決意を固めあいました。
 大会スローガンは「改憲阻止!ジェンダー平等!ハラスメント根絶!8時間働けば普通に暮らせる社会の実現を!憲法を生かす政治へ向け行動を!語り合い、手をつなぎ、一人ぼっちの女性労働者をなくそう!」です。
 役員として、議長・結城裕子(都教組)、事務局長・鶴見充子(全印総連東京)他副議長3人、常任委員10人を選出しました。


◆↓過去の記事

2019/7/15 地評女性センター 都産労局と懇談 MICのセクハラアンケート結果などを報告
2019/3/15 東京地評女性センター 春闘泊り込み単産・地域学習交流会
2011/11/5 第56回はたらく女性の中央集会in東京
2011/03/ 東京地評女性センターニュース(PDF)
2011/02/ 東京地評女性センターニュース(PDF)
2011/01/ 東京地評女性センターニュース(PDF)
2010/12/ 東京地評女性センターニュース(PDF)
2010/11/ 東京地評女性センターニュース(PDF)
2010/05/15 憲法改悪、国会法、比例定数削減反対の声を今こそと学習宣伝行動
2010/03/15 東京地評女性センター宿泊学習交流会「パワハラ・セクハラ」
2009/03/15 東京地評女性センター泊まり込み交流会「派遣法情勢を学習」
2007/04/15 女性センター「国際女性デー活躍」
2007/03/15 3.6中央行動 泊まり込み交流会
2007/02/15 全労連均等法パンフレット(→右clickでPDF_File保存可)
2007/02/15 女性の声が届く都政に
2006/11/15 教育基本法の改悪許せない
2006/08/15 建交労女性部「芭蕉も旅した深川めぐりツアー」
2006/07/15 働く女性について 都と懇談
2006/06/15 「にがい涙」のない未来のために
2006/04/15 国際女性デー中央集会「平和と男女平等をすすめよう」
2005/12/15 第50回働く女性の中央集会
2005/08/15 女性センター連絡会「男女平等など」都と懇談
2005/08/09 男女ともに人間らしく働ける社会めざしてパブリック・コメントの取り組みを
2005/06/15 連絡会「9条を守る100人の行動」
2005/04/15 国際女性デー「9条を語って広げよう」
2005/03/15 女性ならではの力でつながりを広げよう
2005/02/15 憲法・教育基本法改悪反対で女性が共同で宣伝行動
2004/09/15 第50回日本母親大会「全国からのべ2万人」
2004/08/15 東京都と懇談「労働行政の充実を要望」
2004/05/15 自衛隊はイラクから撤退を
2004/04/15 通信労組女性部「女性の集い」
2004/03/15 より広く課題と運動を交流−−「連絡会」を発足
2003/08/15 都と懇談会「男女共同参画社会について」