■2007/07/15

 東京パートネット団結ボーリング大会
    −楽しみながら運動を進めましょう−

 この後のボールは?
   東京パートネット団結ボーリング大会が、新宿のシチズンボウルにて6月12日に開催されました。
 
 4人ひとチームで、出版労連・出版労連弁護士混合、東京地評、東京パートネット役員、公共一般、生協労連、新宿区労連の7チームが参加しました。

 始球式は、東京パートネット霜村美千代代表が行い、パーフェクトを出し、試合スタートとなりました。
 各チーム、歓声や激励が飛び交う中、嬉々とした様子で、一人二ゲームを投げきりました。

 試合終了後の懇親会は、東京パートネット世話人の小池芳雄さんの司会で進められ、霜村代表は「楽しいひと時をもててよかった。これからも楽しみながら運動を進めましょう」とあいさつしました。
 乾杯の音頭を東京地評副議長の伊藤潤一さんの発声で行い、各チームの自己紹介に移りました。「何十年ぶりにやった」「若い頃はもっと上手かったのに」「いつもはもっと成績がいいはずなんですが」の発言とともに、「派遣などの非正規が増える中、派遣の労働条件の改善の取り組みなども力を入れていきましょう」の決意表明もありました。

 得点は、チーム・個人ともアベレージで競い合いました。優勝は、出版労連弁護士混合チーム。アベレージは129・5。2位は、出版労連で得点は120・4、3位は東京地評で、110・0でした。4位新宿区労連、5位東京パートネット役員、6位生協労連、7位公共一般という結果でした。
 個人優勝は、出版労連弁護士混合チームの井上幸夫さんで、アベレージは152。2位は東京地評伊藤潤一さん、3位は出版労連西山悦子さんでした。
 それぞれ、実行委員が考えたすばらしい賞品をゲットし、終了しました。1位の賞品は、会場にちなんで、シチズン時計でした。