■2005/12/15

  さらなる活動をめざして
     −東京パートネットが総会−


非正規労働者の組織化など課題は多い
 11月24日、地評会議室において、東京パートネット第2回総会が開催され、5単産・4地域から14人が参加しました。東京地評パート・非正規労働者連絡会(東京パートネット)が、発足以来約一年、春闘決起集会でのパフォーマンスやパート春闘・最賃行動などに積極的に参加し、均等待遇・賃金の底上げを訴えてきたことを総括しました。

 今後の活動方針として、均等待遇にむけての職場要求の練り上げ、署名活動、全国一律最賃・公契約闘争とリンクした取り組みの強化やパート春闘・パート月間などで、「均等待遇」「時給1000円以上」「最賃の引き上げ」を社会的に大いにアピールしていこうなどの活動方針を決めました。今後、学習会・争議支援・ニュースの発行・非正規の組織化交流会などの具体化をはかっていくことを決めました。交流では、「パートの賃金速報を」「三年有期雇用の延長が実現しそうだ」「組合の役員に非正規の人がなった。新しい動きがある」などの意見が出され、最後に非正規労働者の組織化にむけ奮闘しようと呼びかけ、閉会しました。