◆ ■青年協議会(2009/08/27)

 

建交労青年部
「核兵器廃絶・平和な世界をめざそう」をスローガンに
反核トラックキャラバンを東京から広島まで
トラックでつなぐ



出発集会 都庁前
駅頭宣伝 川崎駅
  建交労青年部では「核兵器廃絶・平和な世界をめざそう」をスローガンに、今年も反核トラックキャラバンを東京から広島までトラックでつなぎました。トラックは各地の企業に協力をお願いして次の経由地までつなぐリレー方式です。トラックは延べ20台以上、参加者は延べ60人以上になります。

 この取り組みは今年で8年連続、通算13回目で、8月4日の原水禁世界大会(広島)にあわせ、7月30日(木)に東京都庁前を出発し、静岡、愛知、大阪、兵庫を経由して広島に到着しました。初日は、都庁前から神奈川県まで東京地評青年協からも参加してもらいました。キャラバンは、トラックに横断幕を張り、音を出しながら一般道を走るとともに、各地の駅前などで宣伝行動も行います。駅前宣伝ではパネルを展示し、核兵器廃絶署名や寄せ書きを通行人達に訴えますが、毎年夏休みということもあってか、若い人の反応がとてもよく、私たちの訴えを聞いてくれました。

 この反核トラックキャラバンは全体的に見ればとても小さいものだと思います。しかし、核兵器廃絶・平和な世界をめざすとともに、憲法9条改悪反対のために、私たち建交労青年部で何が出来るかを考え、各地で様々な人達のご協力を頂きながら走りました。(建交労都本部青年部)