■江東区労連青年部(2007/08/15)

 ソフトバレーで、大いに交流


 【江東】江東区労連青年部は7月7日(土)、江東区スポーツ会館で青年部初の『ソフトバレーボール』大会を開催し、6労組34四名が、9チームに別れて競いました。

*
*
  ソフトバレーボールってご存知ですか?普通のバレーボールよりも柔らかいゴム製のボールを使用して、バドミントンコートの広さで、4人1チーム15点3セットマッチで勝敗を争います。今回は2セットに時間短縮をして、トーナメント戦を行いました。人数の少ない労組は多い労組から補充してもらって、試合開始。女性だけの区職労チームなど、女性が多く参加し、珍ゲームや珍プレーのたびに黄色い歓声が体育館に響き渡りました。それでも白熱した試合やナイスプレーには相手チームからも拍手が…。

 成績は日ごろの練習の成果を発揮した(?)都障教組江東養護学校分会が圧倒的強さをほこって優勝。準優勝は機関紙印刷所労組、3位が公共一般江東支部、4位が江東区職労でした。東京土建江東支部やアサガミプレスセンター労組は予選落ちしましたが、空いたコートで交流試合で楽しみました。

 「とても楽しかった」「初めて交流会も参加できて良かった」「来年もぜひやろう!」などの感想が寄せられました。終わってからの2次会にはほぼ全員が参加、1部の人たちは3次会まで盛り上がりました。