◆女性(2007/02/15)

 「革新都政をつくる女性連絡会」で宣伝
  女性の声 届く都政に

 昨年12月16日、東京地評女性センター連絡会と、新婦人、東商連などが集まり、四月の都知事選で吉田万三さんを押し上げるために、女性の共同行動の組織をつくろう、と「革新都政をつくる女性連絡会」を発足させました。

  万三さんといっしょに都政を変えよう
  石原知事の問題は対話になります
  はたらく女性、業者などそれぞれの立場での運動をすすめると同時に、力を合わせての宣伝行動や申し入れなどに取り組むことにしています。その第一回目の取り組みとして、1月13日(土)、12時30分から1時間、新宿駅西口での共同宣伝が行われました。東京地評女性センター連絡会をはじめ、「連絡会」に参加するそれぞれの団体から約200人が参加して、チラシを配布したり、署名やアンケート、シール投票に取り組みました。

  石原知事については、憲法否定だけでなく、この間盛んに報道されている都政私物化の問題や、女性蔑視、弱者蔑視の様々な発言など、問題だらけです。今や男女共同参画が流れとなっている世界の中で、こんな人権感覚のない知事は東京の恥です。女性だけでなく、誰もがいきいきと働き、暮らすことのできる都政を、吉田万三さんといっしょに実現するため、「女性連絡会」に結集して奮闘します。