◆女性(2006/11/15)

女性のとりくみ様々
教育基本法改悪許さない

 
小学生も参加してくれました
憲法を使いましょう と伊藤さん

「教育基本法改悪反対、憲法を守りましょう」と一〇月二八日(土)新宿駅西口で女性たちが宣伝行動を行いました。

「九条大好き!東京女性連絡会」が呼びかけたこの宣伝行動には、東京地評女性センター連絡会、東商連婦人部協議会、東京母親大会連絡会などから六〇人が参加しました。
ティッシュに教育基本法のリーフをセットしたものを一一時から一二時の一時間で、約二千個配布しました。リーフのセットを、待ち合わせ中の女性が手伝ってくれたり、「変えられるのは不安」と対話になったりの反応に、世論の広がりを感じました。
一〇月二一日〜二二日には、第五一回はたらく女性の中央集会が埼玉の蕨市民会館(全体会)、さいたま共済会館(分科会)を会場に開催され、全国からのべ一三〇〇人が参加しました。二一日の全体会記念講演では、朝日新聞記者の伊藤千尋さんが、海外特派員としての経験にもとづいて、「コスタリカのように、非武装、非戦の日本国憲法を使って、より豊かな社会を実現することが大切」と話され、参加者に大きな感動を与えました。