◆女性(2005/06/15)
    女性センター連絡会
           9条守る宣伝に100人

おそろいの黄色のサンバイザーをかぶって

 「君たちを戦争に送らない」のメッセージが4月22日から1ヶ月、渋谷駅ハチ公口のオーロラビジョンに映し出されました。この放映にあわせて、5月14日(土)の昼、待ち合わせの若者などでにぎわう渋谷駅ハチ公口で全労連女性部とともに東京地評女性センター連絡会が憲法改悪反対の宣伝を行いました。

 都教組や東京自治労連、東京土建主婦の会、この間共同行動を取り組んできた東商連、東京母親など地元東京の参加者70人と大阪や京都など全国からの参加者あわせて約100人の行動となりました。

4/22から1カ月放送された
 オーロラビジョン放映資金カンパに東京地評女性センター連絡会も5000個普及した缶バッチ。当日も、神戸から修学旅行に来ていた中学生のグループが買ってくれました。

 宣伝カーからは弁士がそれぞれの思いを訴えました。おそろいの黄色のサンバイザーをかぶった女性100人による宣伝行動はかなり目立ち、わざわざリーフレットを受け取り来る若者もいました。そして、対話もしながら120筆の署名を集めました。