◆女性(2005/04/15)
        −2005年国際女性デー中央大会−
       9条の値打ち語って広げよう

 3月8日、「許すな憲法・教育基本法改悪!守ろう雇用とくらし・いのち」をメインスローガンに、九段会館で開催された2005年国際女性デー中央大会には1200人を超える女性が参加しました。


2005年世界女性行進と連帯する銀座パレードには400人が参加
 「九条の会」事務局長の小森陽一さんによる記念講演では、ユーラシア大陸の西側では戦火と混乱が続いているが、東側では安定が続いている。日本が憲法九条を持っていることがその理由。この状況を見ても、憲法九条の値打ちがわかると指摘があり、自分の講演を何度も聞いている人は、ぜひ自分の声で広げてほしいと強調されました。

 平和でなければ男女平等の前進もありえないし、女性が人間らしく生き、働くこともできないと、石原都政のもとでの暮らしや教育などへの攻撃を跳ね返す決意や憲法・教育基本法を許さない決意などが様々なパフォーマンスで表現されました。