◆第209話(XIII) 2020/9/15


旧陸軍造兵廠板橋工場跡地(東京都板橋区)

旧陸軍造兵廠板橋工場・試験室跡

 板橋区の広大な旧「加賀藩江戸下屋敷跡地」の一部は、現在「区立史跡公園」として2024年オープンにむけ整備中です。
 この地域周辺の石神井川両岸には、明治政府が1876(明治9)年に火薬製造所を設置以来、陸軍造兵廠火工廠、1940(昭和15)年からは東京第二陸軍造兵器廠板橋工場(以下「二工」)が置かれました。前回触れた王子の東京第一陸軍造兵廠、北区の工場等と鉄道で結ばれ、戦前の巨大兵器製造工場地帯でした。
 「史跡公園」予定地周辺の野口研究所には、10棟の「二工」の建物や電気軌道線の遺跡などが残っています。その建物等の一部を「史跡公園」に移築させる計画です。
 また、板橋区加賀一丁目にある愛歯技工専門学校内には、終戦時に「二工」の試験室がほぼ当時のままに残されています(写真・都営三田線「新板橋駅」A1出口徒歩10分)。

<過去のおはなし>