◆第203話(XII) 2020/3/15


西早稲田・金泉湯

唐破風の構えの昔ながらの銭湯です

 今回は高田馬場駅から徒歩10分、西早稲田駅から徒歩5分。早稲田通りを進み子育地蔵尊を曲がってすぐの金泉湯(新宿区西早稲田2―16―20)をご紹介。
 新宿区は早稲田大学をはじめ多くの大学があったため1965年頃は100軒超の銭湯があったものの、今では33軒。金泉湯は1954年創業で、1994年に改装済み。14時半〜24時(受付は23時迄)が営業時間で、月曜定休です。
 脱衣所は渋いマホガニー色の格天井、天井が高いので開放感があります。浴槽には2種類のジェットバス(強めのジェットのボディバスと足を伸ばすリラックスバス。いずれも43℃程度)。他に水風呂と露天風呂風に作られた薬湯が。薬湯は40℃程度なのでゆっくり浸かっていられます。
 リンスインシャンプーとボディーシャンプーは備え付け。地元の方々や学生さんに愛されているんだろうなと思われる銭湯でした。散策がてら訪れてみては。
(銭湯シリーズは今回で終了です。ありがとうございました)

<過去のおはなし>