◆第201話(XII) 2020/1/15


浅草・曙湯

1990年には台東区まちかど賞にも選ばれました。

 今回は浅草駅より徒歩約15分、浅草寺を抜け賑わいも落ち着いた通りにある曙湯(台東区浅草4―17―1)をご紹介。
 曙湯は1949年創業。宮造りの建物で屋根は唐破風。建物に絡みつくように咲く藤の花は、4月下旬から5月初旬が見頃。営業時間は15時から翌1時まで、第3金曜日が定休日です。
 中に入ると脱衣所は立派な格天井。天井も高いため開放感があります。浴場内のペンキ絵も独特で、富士山をバックに雷門とスカイツリー、隅田川などが描かれています。お湯は座風呂・ボディバス・ジェットハイパー等が熱湯(43〜44度)。そのほか、半露天となっているジャクジー(約41度)があります。
 10年ほど前にリニューアルを行ったそう。昔ながらの外観はそのままに、内部はお客さんの利便性を考慮した仕様(玄関のバリアフリー化、入口の自動ドア化など)に変えているそうです。近くには浅草寺をはじめ観光スポットが。散策がてら訪れてみては。

<過去のおはなし>