◆第76話 2009/09/15

             丸 子 橋  (まるこばし)

丸子橋
  大田区と川崎市中原区を結び、多摩川に架かる橋です。

  現在の橋は全長405.6メートル、幅25メートル。鉄筋コンクリート造りのアーチ橋で2000年に完成しました。

昭和初期までは「丸子の渡し」と呼ばれる渡し舟が多摩川を渡る、唯一の交通機関でした。旧中原街道(東海道の脇往還。江戸・平塚間をほぼ直線につなぐ)が川を渡る地点に架けられており、江戸の発展に伴い沿道の産物の運搬、旅人の最速ルートとして大きな役割を果たしていました。

江戸への近道として多く利用されたことで、1794年に土橋が架橋されました。しかし、洪水があるとすぐに流され、足止めになってしまうなど、交通の足が途絶えることが多々あったため、架橋は近隣住民の悲願でした。1931年の決定まで三回の請願が出され、その結果1932年着工、三年後に完成し、渡しは廃止されました。

その後道路の老朽化や交通増大により、片側二車線に架け替えられ、現在に至ります。
  ゴマアザラシのタマちゃんで懐かしいひとも多いのでは (菊)