◆第62話 2008/06/15

         狛江古墳群(こまえ こふんぐん)

狛江古墳群
  狛江と渡来人は切り離せません。狛江には、「狛江百塚」といわれ、七〇くらいの古墳が確認されています。

しかし、狛江を訪ればわかるように、都市化の波の中で、その古墳も数えるほどになっており、個人の家にひっそりと守られている状況です。狛江を代表する古墳は、亀塚古墳(写真・元和泉一丁目二一)で、帆立貝前方後円墳でしたが、現在はその前方部が一部、住宅街の一角に隠れるように残っています。

  保存状況が良いのが、兜塚古墳(中和泉三丁目二三)です。亀塚古墳からは、銅鏡、金銅製毛彫飾板、馬具、鉄製武器など多数の副葬品が出土しました。

  同じ鋳型の銅鏡が機内の古墳からも出土しており、機内の王権との深い結びつきや飾板には、キリン、竜、人物などが描かれ、高句麗の古墳壁画との関係も注目されました。

  狛江駅前にある弁財天池は、野川に注ぐ、清水川の水源で、最も古い古墳も見つかっており、狛江の中心的な位置を占めています。

(東京地評 永瀬 登)