◆2011/03/16

  (談話)
    東日本大震災被災者の皆さんへお見舞い申し上げます

  東日本大震災が3月11日午後2時46分発生しました。マグニチュード9.0という国内観測史上最大の、未曽有の大惨事となりました。

  今回の大震災では、全国の太平洋沿岸で大津波が発生し、とりわけ東北地方では報道によれば7〜10メートルもの巨大津波が市街地を襲いました。14日午前0時現在、死者数は確認されただけで約1,900人超、宮城県知事の発言として「県内の死者は万人単位」、との報道もなされています。東京都内はもちろん、全国で、ご家族、ご親族、友人・知人の方の被災も、多々に上るものと思われます。

  亡くなられた方のご冥福を衷心よりお祈りするとともに、被災された方へ、心よりお見舞い申し上げます。

  東京地評として当面、被災者支援の取り組みとして、国民への救援、復興に役立てることを目的に、組合員にカンパを呼び掛けています。また、各組合・地域でも、支援活動に立ち上がっています。今後、ボランティア等、支援の取り組みを順次具体化してまいります。
                                 以上

  2011年3月14日              東京地方労働組合評議会
                        議長    伊藤潤一
                        事務局長  松本秀典