≪都民のみなさんへのアピール≫

イラク派兵「基本計画」決定に抗議する
憲法9条を守り、職場・地域から自衛隊の派兵計画を許さないために立ち上がろう

 憲法9条を持つこの国の労働者として、自衛隊イラク派兵基本計画の閣議決定に対して、満身の怒りをこめて抗議し、派兵計画をただちに中止・撤回することを強く要求します。
自衛隊の派兵計画は、アメリカの無法な戦争とイラク軍事占領を支持・支援するものであり、イラク国民の主権回復と復興支援の道にも、テロ勢力を封じ込める道にも逆行します。

 またイラクは全土が戦争状態であり、「非戦闘地域への派遣」「安全尊重義務」などイラク特措法の前提も崩れ去っています。こうしたもとでの派兵に国民の圧倒的多数が反対しています。にもかかわらず、憲法9条を乱暴にじゅうりんし、アメリカいいなりに自衛隊を派兵しようとするのは、文字通りの歴史的暴挙です。

 東京地方労働組合評議会は、憲法9条を守り、イラク派兵を許さないたたかいに全力をあげていきます。平和を願うすべての都民のみなさんに、自衛隊の派兵計画の断念に向けて、共に手を取り合って、たたかうことを心から呼び掛けます。

2003年12月10日
東京地方労働組合評議会 議長 中山 伸

以上



自衛隊のイラク派兵に反対する請願書

衆議院議長  殿  参議院議長  殿
内閣総理大臣 殿  防衛庁長官  殿                     年  月



 小泉内閣は、アメリカにいわれるままに、自衛隊の地上部隊をイラクに派兵しようとしています。私たちは、このことにつよく反対します。

 いま、イラクでは、無法な戦争に続く、軍事占領への不満と抵抗が高まり、治安も悪化するなかで、米軍が連日のように襲撃されています。自衛隊が派兵されるなら、米英軍とともにイラク国民を殺傷しかねないし、逆に銃口を向けられることにもなります。自衛隊の派兵を、「非戦闘地域」に限り、「武力の威嚇・行使をしない」などとするイラク派兵法についての政府の説明は、完全に破たんしています。

 自衛隊のイラク派兵は、米英の無法なイラク戦争を正当化し、軍事占領を追認するもので、多くのイラク国民が反対しています。それは、イラク国民の意思を尊重した復興の道に反するとともに、人道支援をはじめ国連中心の復興支援を求める国際社会の声にも背を向けるものです。

 憲法をじゅうりんする自衛隊のイラク派兵は、絶対におこなってはなりません。

〔請願項目〕
 自衛隊をイラクに派兵しないこと。

氏   名
住     所
   
   
   
   
   

取り扱い団体


 <増刷用のファイル=右クリック「対象をファイルに保存」選択>
 ワード用ファイル   テキストファイル  PDFファイル